私が法人にいたった経緯と法人のメリット、デメリットとは

Pocket

最近、法人化したアダチです。

この記事で、イエーイ俺稼いでるっていうアピールを

したいわけではわけではありません。

 

どちらかというと、やっちまった感が強いですねwww

なぜか・・そんなに稼いでなかった事実w

いや、稼いでますよ、しかし、、そこまで法人にするまでくらいなら、

個人のままの方がよかったのでは?と今は感じています。

まあ将来的にもっと稼げば無問題ってことで!

 

法人に至った経緯、メリット、デメリット面を

今回の記事では公開していこうと思います。

 

法人にいたった経緯

物販のみで月3桁くらいは稼いでた私は、稼いでいるものの

マンネリ化していた自分に喝をいれるため

何か他に新たな販売方法がないかと模索していました。

中古品ばかり扱っていたのもあり、新品でメーカーから仕入れて

売れば業者としてやればもっと効率よく稼げるじゃないかと・・

 

色々考えた結果、独断で「あ!!」お店持って、お店で商品を売った方が

高く売れそうだし、なんかカッコよさげさし、メーカーさんも簡単に仕入れさせてくれそうだし

ということでお店を出そうと決意。

 

で、法人化してガッツリ、名刺を作ってスーツでも着て、

メーカーさんと取引して、、ガッツリと自分の店舗で売ったらカッコいいだろうなあと

自分なりに空想を働かせて、勢いのまま法人化をした次第です。

資金も潤沢な方が物販をやる上、メーカー取引をする上では、多い方が

ええやろってことで、法人化した方が融資を多く取りやすいということも

聞いていたのでそれで法人にした理由の一つです。

 

実際は、融資を受けたものの個人でも法人でも全く変わらない額の融資を提案されました・・

別に個人のままでも500万円くらいは融資してくれます。融資の件はまたお話しましょうか。

 

ちなみにお店を出して、ガッツリやってくぞっていうプランは白紙になり

物販自体は、今まで通りマンションの一室でこっそりとやっております。

 

お店を出したら、友達に自慢できそうだし、社会的信用も得やすいし

いやーイケてる感が強いですよね。

でも一歩引いて冷静に考えた結果、賃料はかかるわ、お店を持ったら持ったで

スタッフも抱える必要もあるし、そこまでして物販の売り上げを伸ばす必要が

あるのかと疑問を持ちまして、、結局物販に関しては今までネットオンリーで販売するという

形をとることになりました。まあいろんな方にアドバイスをいただいたのもあります。

持つべきものは友と実感する日々でございます。

 

法人化にするベストなタイミングとは

ちなみに私は、利益自体はそこそこ出ていたものの、

売り上げによる利益率を考えると別に個人事業主でもいいんじゃないと

いうのが私の税理士さんの結論です。

今の利益で、利益率が50%以上だったら法人化した方がいいものの、

私の場合は20-25%程度だったので、売り上げを考えると個人事業主でも

問題なかったとのこと。

 

一般的な法人化するタイミングは、年の利益が700万円超えたあたりから

法人化した方がいいのか検討するとありますが、

それは各々のビジネスモデルによります。

年の利益が情報発信、セミナー等で利益率が80%ー100%で年間利益が700万円以上稼いでいる

状況でしたら法人化を検討してみてもいいかもしれません。

 

私のように物販ビジネスをされている方は、

利益率10%〜25%を推移している方ばかりだと思います。

もちろん月商にもよりますが、年間利益700万円出していたとしても

利益率が少なかったら全く法人化する意味がないです。

もう少し、利益、売り上げをあげてから法人化するのがいいですね。

 

そこらへんは、ご自身の税理士さんに相談しながら判断していくのが

ベストだと思います。

ご自身のビジネスの環境、家族構成等も法人化にするか否かの判断材料にも

なりますので・・。

 

法人化にすると色々とお金がかかります

さて、法人化するに当たって、お金が色々とかかります。

ざっと設立費用は30万円程度でしたね。

他に、会社のハンコが35000円と(高いw)ということで

トータル33万円程度を会社設立と同時に払う必要があります。

高いと思うか、安いと思うかはあなた次第です。

ちなみに税理士さんの年間費用も個人事業の時よりも倍になりました。

 

法人化する上でのメリット

今の私の状況では、メリットよりもデメリットの方が多いですが

稼ぎ方、稼ぐ額によって法人化する方がメリットがあるパターンがあります。

 

・節税面

個人の場合、稼いだ額に応じて税金(所得税)が高くなります。

ここから、さらに住民税が上乗せされます。

「どれだけ稼いでも半分は税金でもっていかれる」と言われますが、

これにはこうした理由があるのです。

 

一方、法人税はどれだけ稼いでも税率が一定です。これを、一定税率といいます。

法人税は原則30%ですが、国の方針によって年ごとに税率が異なります。

法人税が40%を越えていたときがあれば、20%強のときもあります。

いずれにしても、稼ぎの額が大きくなれば、法人化した方が多くのお金を残すことができます。

 

・社会的信用が高まる

法人にすると社会的信用が高まり、個人では取引できなかった業者さんと

法人にすることで取引させてもらうケースもあります。

やはり、どこの誰だかわからない個人事業主よりも、会社HPや名刺も持っている

法人会社の方が、安心感がありますからね。

 

・モチベーションが上がる

法人をしたことによって、自身の仕事面でのモチベーションがあがるという点も

メリットとして考えられますね。

私も実際、法人化したことにより、仕事に対しての向き合い方が変わりました。

もちろん稼ぐ額に対してもシビアになります。

それなりの稼がないと法人税やら社会保険税やらがかかって割りに合わない

っとことにもなりかねませんので、なんだかんだ稼いでナンボってことです。

 

法人化する上でのデメリット

さて、法人化でのデメリット面を今の僕が思う視点で言っていきますね。

 

・口座、クレジットカードを法人化する必要がある

個人の時は、口座、クレジットカードもプライベート、仕事と

同じく使用していたのですが、これからは法人用の口座、クレジットカード

を作って、ビジネスの経費、プライベートでかかった費用をきっちりと分ける必要

あります。そうしないと、経費に対する見方も個人事業主の時よりもシビアになっていきます。

経費として落ちるはずが、個人用のクレカで払ったために経費として落ちないなんてことには

ならないように会社設立したら法人口座、ビジネスカードを作っていきましょう。

 

・国税の目が厳しくなる

個人事業主の時よりも、国の目が厳しくなります。

少しでもアラがあったら追徴課税があったりするケースがありますので

国税が飛び入りで監査した時でも、

ご自身でしっかりと売り上げ、経費等の管理は、しっかりと領収書等、

クレカの明細は取っておくことをオススメします。

 

口座が何個もあって、領収書もたくさんあって管理が大変!!

って方には、クラウド会計ソフトFREEEを使って会計処理を行うと

非常にスムーズに管理できるし、何よりクラウド上で記憶されるので

過去の領収書等のデータもPC上で記憶されるのでこのソフトは本当にオススメです。



最後に

今現在は、デメリットしか感じてない私ですが、

それは私の稼ぎが少ないだけのことで、、

最終的には、法人化して良かったと思えるように会社の利益をガンガンあげていけば

いいとのことです。

 

大事なのは、ご自身のビジネスの利益をあげながら、

在庫管理、経費等の管理もきっちりする。攻めも大事ですが、守りも重要ですね。

 

法人化がよくて、個人事業が悪いということもなく、

個人事業が良くて、法人が悪いということはありません。

私の見解では、普通に暮らしていける程度の額を稼いでいて、

ゆるーくいきたい方は個人のままでいいと思うし、稼ぎすぎて法人にした方が圧倒的に

節税できる、または法人じゃないとできない仕事をしたいって方は法人に

しちゃってもいいと思います。

 

間違っても僕のようにカッコよさそうだとか・・の理由で法人化することは

やめましょうw。

 

参考にしていただけると幸いです。

 

 

 

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です