あと3年で40歳だけど、どうしようか

アダチです。

 
 

ふと、考えてみると、
あと3年で40歳だったことに気がつきました。

 
 

はやいなー。人生あっという間じゃん。
普通に考えると、人生の半分を終えることになります。

 
 

自分が20代の時なんて、40歳とかすげーおっちゃんって
イメージだったんですが、いざ自分がなってみると
20代のときと心境はあんまり変わらないですね。

 
 

20年後60歳になった時はどんな心境なのか・・・
楽しみです。でも、60歳・・・60か・・・

 
 

やっぱ一番若い今を楽しむのが一番だと実感しています。
そんな時にふと、こんなツイートが流れてきました。

 
 

「40代になってわかったこと。手に職がある状態とは、特定の領域でどんな環境でも成果を出す自信があること。会社は一生面倒を見てくれない。会社という看板を外し、自分は何が出来るかを考える。明確に答えられる人は仕事で困ることはない。お荷物になりたくなければ、20代から意識すると良いという話。」

 
 

このツイート僕が普段から言いたいことを
代弁してくれるなあと思っていて。

 
 

今の時代は、終身雇用などなくなって
どんな大企業もいつまで雇ってくれるの不透明、そんな時代です。

 
 

まあ、当の昔から終身雇用制度が崩壊していたわけで、
今では転職するのが普通の時代ですよね。

 
 

でも転職しても、次の転職先もなにかしらで不満がたまり
辞めたいでも、辞められない。

 
 

こんなループを繰り返してる人って意外に多いのでは?

 
 

これは僕が新卒の時に入った営業会社の話なんですが、当時僕は
22歳。先輩は今の僕とほぼ同じくらいの年齢で34歳とか37歳くらいでした。

 
 

会社に着いたら、決まっていつも会社と工場を行き来するするのですが
社内での先輩との会話は大体「金」の話。

 
 

「あれだけ売り上げあげたのに、会社のボーナス終わってたわ」とか

「今から転職しても、いいとこないよなー」「結婚してるからもうリスクをおえない」とか

「小遣いと工面するため、この前ゲオに行ってゲームを売ってきたけど全然、金にならんかった」

と金の話ばかり。

 
 

当時の僕は運転しながら無言で先輩の話を聞いていたのでした。

 
 

内心は「そんな不満があるなら早く会社辞めちまえよ」
と思ってましたけど。

 
 

僕は、そんな会話を聞いて将来を悲観して、
1年で退職してしまいました。

 
 

ただ人間関係は良くて、めっちゃいい先輩だったんですけどね。

 
 

何度も衝突しましたが辞める時も僕のことを考えてくれて

「退職するからと言って、いい未来が待ってるとわ限らないよ」と言われたり。

でも、やはり今考えると辞めて正解だったなと。

 
 

なぜなら今、先輩方の年齢になって、
不満や愚痴をこぼすことはないからです。

 
 

金銭的にも精神的にも安定してるってのが何より大きい。

 
 

これも全て、一過性でなく長期的に稼げるスキルを身につけたのがよかったなと思います。

 
 

今思えば、短期的で旬で稼げるものではなく、長期的に稼げるものしか
やってきませんでした。

 
 

あの時の決断は間違っていなかったなあと思うわけです。

 
 

ちなみに今の収入源は

 

・中古品の転売ビジネス
・情報発信メルマガからの収益

 

大きく分けて2つあります。

 
 

個人ビジネスで稼ぐためには、本質的なビジネスを
やるべきだと思っていて、例えば、数年前にYouTubeアドセンスが流行りました。
(今でも流行っているかも)

 
 

You tubeが稼げるらしいぞ一気に広まり、中古転売をやっている層は、一気に
転売ビジネスを捨てて、You tubeに移行したわけです。

 
 

当時のYou tubeで稼ぐ手法と言えば
人気動画の切り抜きや、コピー動画を量産して
アドセンス(広告)収入を得ていくもの。

 
 

当時のYou tubeの規約がゆるかったのことあって、作った動画は軒並み再生数があがり
少しの労力で副業でも100万円、200万円稼ぐ人が続出しました。

 
 

でも、ある日You tubeのアップデートがあり、
グレーな動画は軒並み消されて、チャンネルも停止になり、
収入が一気に0円になった人が一気に現れたのです。

 
 

中には、You tube一本で生計を立てれるようになり、脱サラまでしたのに
収入が0円になって、サラリーマンに戻った人もいます。

 
 

または、You tubeから一点して転売ビジネスに元戻りした人もいます。

 
 

当時僕の元には
「You tubeがダメになったから転売で稼ぎたいです!」
という問い合わせが異常にあった記憶があります。

 
 

彼らは口々に
「一瞬でオワコンになるビジネスはやるべきでない」
「You tubeは怖い、安定感のある物販が一番だよ」
と声を揃えていっていました。

 
 

僕は、You tubeのコピー動画量産ノウハウなんて、
すぐダメになるだろうなーって思ってました。

 
 

グレーゾーンだったり、何かに依存しすぎるビジネスって
短命で終わる確率が高いのを歴史を見ても知っていたからです。

 

・Twitterアフィリエイト
・違法なPPCアフィリエイト
・無在庫転売
・トップバズ

 

どれも短命で消えていったビジネスです。

 
 

You tubeの一斉垢BAN騒動があったときは「やっぱりな」と思ったのでした。

 
 

だから、何かに依存するとか、そのプラットフォームがあるから
成り立つビジネスって危ういよねって話です。

 
 

副業でもすぐ稼げる案件、小手先でとか誰でも簡単とか
リスクを追うFXとかもダメです。

 
 

依存っていうと、会社も同じでずっと依存していると何かの拍子で
倒産したり、退職をせがまれることって多いと思うんです。

 
 

退職させられても他に生かせるスキルがあればいいですが、
ないなら少ない選択肢から選ぶしかない。

 
 

たとえ、低収入でもです。転職しても人間関係で悩む可能性もある。

 
 

苦労するくらいなら、どこでもやっていけるスキルを磨いて
まさに↓ツイートのように「特定の領域でどんな環境でも成果を出す」
人間になった方が長期的に見ると苦労しません。

 
 

何か一つスキルを持っている人間って
組織から必ず重宝されるし、最悪一人でも食べていけます。

 
 

僕も会社を辞めて、独立したのも一人で生きていく力をつけたかったからです。

 
 

厳密にいうと雇われたくなかったのが正解ですが、
そのためには一人でも生きていくスキルをつける必要があった。

 
 

だからネットビジネスの中でも短期的な手法ではなく、
長期的に稼げるもの、本質的なものしかやりませんでした。

 
 

もちろん、その過程では遠回りをしたけど、今考えると
間違っていなかったなあと。

 
 

仮に自分が会社の看板をはずしたら何が残るのか?

 
 

会社がなければ無理だと言うのであれば、今生きている若い内から
自分のスキルを研ぐことで余裕のもった人生を送れます。

 
 

実際、ネットと使って起業して10年になりますが
ずっと安定的に稼いでる人って
依存せずに、自分の力を持って稼いでます。

 
 

じゃあ、何をやればいいかと言うと
自分のメディアを持ったリストビジネスです。

 
 

自分の商品を持って、メディアで発信して、
メルマガで商品を販売するのが最強です。

 
 

なぜかと言うと、単純にずっと昔からある王道で
昔も今も稼ぎ続けられているから。

 
 

ずっとオワコンと言われているけど、
オワコンどころか今から参入してメルマガで100万、500万と
稼ぐ人も続出しているから。

 
 

僕が起業した時から、メルマガが稼げると言われていたし、
今でも安定的に稼いでる人がいるからです。

 
 

なぜ、安定してるかというと
メルマガはなくならないし、アカウント停止になったりすることないからです。

 
 

てか、どの企業でも顧客リスト持ってビジネスしてるじゃないですか?
それを個人でやってるだけなんですよね。

 
 

言ってみれば、ネットが発達する前からあったビジネスモデルが
ネットに移行しただけのことです。

 
 

だからこれから先も絶対なくなりません。

 
 

ビジネスの基本は

 

・集客
・教育
・販売

 

いつの時代もこの3つがあって、ビジネスが成り立っています。

 
 

ネットの発達によってそれぞれの役割が変わっただけです。

 

集客:昔は人や電話だったのが、今はSNS or ブログ、サイト」
教育:昔は営業マンだったのが、今はメルマガorLINE」
販売:昔は契約書だったのが、今はメルマガ or LINE」

てな感じで。

 
 

SNSも流行り廃りがありますが、その時代に合わせて
集客に使っていけばいいだけです。

 
 

大事なのは中身です。

 
 

商品を売るまでの導線さえできていれば
いつの時代も商品が売れる仕組みを作ればいつでも稼げます。

 
 

それでも、自分の商品がありませんって
いう声が聞こえますがそれなら自分が経験しながら、学びながら
培った過程を商品にすればいいじゃないですか。

 
 

集客の仕方、文章の書き方で悩んでいる人って
必ずいるし、一生無くならない悩みだから。

 
 

それを経験して培った経験って需要は絶対にあります。

 
 

僕もそんな感じで経験したことを
結果を出して、商品にして収益化してきました。

 
 

いい循環なんですよね。自分のスキルも上がるし、
そのスキルを商品化すれば収益も上がるし。

 
 

収益をまた学びに投資して、また商品を作って販売する。

 
 

スキルが身につくし、莫大に稼げるし、これほどコスパの良い稼ぎ方はないよなーと。

 
 

だから、20代30代で将来が不安だというのであれば
まずは時代に不変的なスキルを持っていけばどこでもやっていけます。

 
 

何をやっていいかわからなければ
まずはブロ、Twitter or You tubeを立ち上げて
発信してみてください。

 
 

自分がやってることを発信すれば、必ず見てくれる人が現れます。

いずれファンになります。

ファンがつけばビジネスになります。

 
 

SNSをやって立ち位置を確保するだけでも稼げる時代です。

 
 

そのためにも、人を惹きつけるようなコンテンツや文章を
身につけるべきだと思うのです。

 
 

文章って一生無くならないから。
価値ある文章をかければお金を稼げるから。
依存せずに一人で生きていけるから。
自分の好きなように生きれるから。

 
 

ちなみにもう俺、40,50代だし関係ないじゃんって思う方は
このツイート見返してはいかがでしょう。

 

「始めるのに遅いことはない。分野にもよるが何事も継続すれば、
専門的知識を得ることが出来るだろうという話。」

 

それでは!

 
 
 

PS:僕の友達の庭師さんは手に職をつけているおかげで
独立して楽しくやっています。

 
 

見ていて、やっぱ手に職つけるのが一番だなーと思うのです。

 
 

ただ、手に職をつけるって言っても、現場系って3年から5年はかかるし、
行時代は、体力的にキツかったり先輩にどやされたり、きついことの連続です。

 
 

なかなか、それに耐えられず辞めちゃう人がほとんどなんですね。

 
 

ネットビジネスであれば1年全力でやれば、生活費を稼ぐくらいなら
稼げるます。

 
 

しかも、ネット上に書いた記事は資産となり、セールスまでの仕組みを
組めば自動収益化も可能だから。

 
 

スキルをつけながら、収益あげて、将来に渡って
資産を構築して、自由な人生を送るなら情報発信が一番早いです。

 
 

 

PSS:先月、20万円の教材を購入しました。

 

教材とかの自己投資って、時短できるし、スキルつくし、収益も反映されるので
こんないい自己投資ってないと思います。

僕はFXとか仮想通貨の投資って、興味ないですが
自分の成長をアップするものには
たとえ高額であっても投資します。
 
 
なぜかって、そっちの方が早いからです。
 
 
自己流もいいですが、自己流で突っ走って
無駄な時間を費やすのがもったいない。
 
もう30後半なので、無駄な時間を過ごしたくないですよね。
 
 
だから、金銭的に負荷をかけて知識を取り入れて
ビジネスやった方が稼げるし、早いんですよね。
 
 
今後もガンガン投資してレベルアップしていこうと
思います。

 

それでは!

カメラ転売解体新書と土木作業員のストーリーの電子書籍を無料で見れます。

僕は一人社長として
カメラ転売と情報発信で生計を立てています。一応、独立して10年、法人化して4年になります。

こうやって書くと、僕にはもともと才能があったとか、
運がよかったとか言われますが、
もともとは人見知りで友達は少なく、凡人以下の人間でした。

最終職歴も、手取り14万円の土木作業員でしたから。

土木作業員時代は、夢も希望もなく、
魚の死んだような目をして毎日生きていましたが

勇気を出してビジネスを始めると、
短期間で人生が180度好転したのです。

しかも、知識も人脈もない状態でビジネスに取り組んだ結果
人生逆転することができました。

そこで、僕がどのようにして、会社に
雇われず豊かに生きれるようになったのか?
をまとめた電子書籍を出版しました。

購読いただいた方からは、
「やるべきことが明確になった」
「ビジネスの仕組みが理解できるようになった」
など多くのお褒めの感想をいただいています。

さらにカメラ転売を学べる「解体新書」
を無料でお渡しします。これを見るだけでもカメラ転売が実践できる内容になっています。

メルマガ限定で今だけ無料で見れます。

電子書籍は、誰でもわかりやすくストーリー形式で
執筆したので、ぜひ一度読んでみてください。下記をクリック↓↓

 

 

 


僕の経歴はこちらをご覧ください↓↓

 

 

 

お読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です