「中古せどり」副業に最適なカメラ転売について

アダチです。

今回は「カメラ転売」について書いていきますね。ちなみに私が2013年に起業したの「カメラ転売」がきっかけになります。

2013年から今まで、「カメラ転売」のみで月収60-100万円をずっと稼ぎ続けていますが、5年間以上も稼ぎ続けれているというのは非常に安定感のあるビジネスモデルだということになります。

こちらでは中古せどりの中でも、「カメラ転売」を解説していこうと思います!

カメラ転売とは

字の通り、カメラを仕入れて転売して利益を出すという手法です。しかし、新品ではなく中古品を扱います。

中古品を扱うことで、一点ものということで値崩れが起きにくい、売り方によっては高く売ることができるといった差別化ができることによって稼ぎやすく、尚且つ一撃5000円~30000円の利益を生み出すことも可能です。

新品を扱って、ライバルセラーが多くなったアマゾンせどりで一個売ってやっと利益500-1000円を積み上げてやっと月収10万稼げるといった薄利多売の手法ではないので時間がない会社員が副業として実践するには最適のビジネスモデルだと言えます。

仕入先について

仕入先は、カメラのキタムラ等の中古カメラ店に実際に行って

仕入れる「リアル店舗仕入」ヤフオク、メルカリ、その他ネットショップから仕入れる「ネット仕入」があります。

各々の生活環境、住んでいる場所によって「リアル店舗仕入」「ネット仕入」を駆使していきましょう。

近くに中古カメラ店、リサイクル店舗に実際に行って、仕入れることができますが近くに何もない場合は、ネット仕入に特化していけばいいです。ちなみに私は、ネット仕入れがほとんどです。

ネット仕入でも、リアル店舗でもどちらも稼いでいる方はいますのでご自身に合う仕入手法を模索していってくださいね。

カメラを売る販路について

仕入れた商品を一体どこに売って、利益を出すんだということですが昔はヤフオクのみでしたが、現在の私は多販路展開しております。

主なのは、、

・ヤフオク
・メルカリ
・アマゾン
・EBAY

他にも楽天、ヤフーショッピング等ございますが、副業で30-50万円稼ぐ程度でしたら「ヤフオク」「EBAY」「メルカリ」で十分です。

では各販路について、どのような売り方をすれば利益を出すことができるのかを解説していきます。

ヤフオク

1円出品、定額出品と2種類の出品方法がありますが、私は定額出品を推奨しています。

1円出品でも、いいのですが昔よりも値段が上がりにくい傾向にありますので現在の私は定額出品をお勧めします。資金回転もいいので、ヤフオクを第一の販路にするのは必須だといえます。

http://aucfree.com/

こちらのオークフリーにて売れている相場を見ることができますので相場よりも安く仕入れられたら利益確定みたいなものです。

EBAY

海外のオークションサイトになります。海外に需要のある昔のフィルムカメラ、オールドレンズは日本よりも高値で取引されているので、日本の相場で仕入れて海外の相場で売って利益をだすことができます。

もちろん、昔のフィルムカメラではなく、種類によっては最新のデジタルカメラ、レンズも売れます。

ヤフオクよりも、商品の売れる回転が遅いという印象がありますね。ですので、それなりに資金がある方は非常に稼ぎやすい販路になります。

メルカリ

最近人気のフリマアプリですが、こちらでは女性に人気のミラーレス系のカメラが良く売れます。

顧客層は女性が多いので女性に合わせた販売手法、販売する商品を適切に選んで販売すればメルカリ1本でも十分に月収10-30万円は稼げてしまいます。

最近は、カメラ転売セラーさんも参入していますので、それなりに販売手法を駆使しなければ売れにくい媒体になっていますが

まだまだ全然稼げる販路といえるでしょう。ちなみに私昨日、一件売れたんですが女性の方でした。。

カメラ女子っていう言葉がありますが、カメラ人気は女性にまで広がっているんですね!

多販路展開がオススメ

それぞれの販路がありますが、各媒体にも資金回転が速かったり、遅かったりと、また販路によっては高く売れにくい、売れやすい商品が存在します。

各販売媒体のメリットを生かし、デメリットを補う上で私は1つの商品を3媒体で売るということをお勧めします。

一つの販路で売れたら、残りの2販路を取り下げるだけです。

同時に売れたらどうしたらいいですか?と言われそうですが、ほぼありませんのでご安心くださいね。

多販路販売で、高く売る、尚且つ資金回転、商品が売れる回転を最大限に高めることにより、資金難に陥ることなく尚且つ最大限の利益を生むことができるので、この多販路販売を是非極めていってほしいなと思います。

アダチの公式メールマガジンはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です