【失敗談】月収100万超えて、迷走して苦労した話

アダチです。

 

今回は、僕が起業してから
苦労した話や失敗談を書いていこうと思います。

 

普通だったら、起業するまでの
失敗談を語るところですが
僕の場合、起業して月100万を超えてから
苦労したことが多かったんですよね。

 

ということで書いていきます。

 

 

僕は、せどりに出会って起業をして
1年で月100万円を到達した。当時27歳。

 

ただそこから何年も突き抜けられずに
もがき苦しんだ。

 

色々なことに挑戦したけど、
結論からいうと、もっと早く「コンテンツビジネス」に
挑戦していれば良かったのにと後悔している。

 

普通に月100万超えても超えなくても
もっとはやくコンテンツビジネスに挑戦していれば
今頃、収益も何倍にもなっていたし、

自由度も増えていたし、
多くの人脈に恵まれて、培ったスキルを通して
もっと社会貢献ができたと思う。

 

コンテンツビジネスとは
自分が培ったスキルをコンテンツに詰め込んで
作って売るビジネスのこと。

 

コンテンツがネットで売れるようになれば
稼げるのは、もちろんのこと
メルマガで集客セールスを自動化すれば
自動で収益化できる。

 

また、今の時代ネットで売るスキルが
重宝されているので企業コンサルもできて
人の役に立てるので幸福度も高くなる。

 

しかも、Webマーケスキルの需要と
供給が追いついていなくて
Webマーケスキルがある人は余裕で億を稼ぐ人もいる。

 

いやー、すごい世界だ。

それに気づいたのが
起業して8年以上経った頃なので
自分は、よほどビジネスセンスがないんだなと思う。

 

ただ、30代で気づけたので良かったかな。
いや、20代のうちにマスターしとくべきだったね。

 

人生は有限だから。

 

それでは、過去の自分を振り返ってみようと思います。

 

今振り返ると、当時の自分のバカさ加減が、
情けなさすぎて恥ずかしすぎて・・。

 

天狗になる

 

当時は、ネットビジネスを始めて1年で
月100万稼げるようになったので

「自分はやっぱすごいわー」
「俺、最強やん」

と自己陶酔にひたっていた。

 

しかも周りにもおだてられるんので
余計、調子に乗ってしまった。

 

今考えると、ネットで月100万程度だったら
ゴロゴロいるのに、当時は世間を知らないというか
もっと色んな人とあって上の世界を
見るべきだったよね。

 

圧倒的な格上の人に出会っていれば、
鼻を挫かれて、天狗にならなかっただろう。

 

当時、自分は気付いてなかったけど、
天狗になると悲惨だよ。

 

変に自信を持っちゃうから、
人の話を聞かない。

自分のやることが正しいと思い込む。

新しいことに取り込もうとしても
素直じゃないから結果がでない。

 

師匠にこれやった方がいいよと提案されても、

「自分にはむいてないから・・」
「俺はやりたくない・・・」

と頑なに拒んで、自分がやりたいことしか
やりたがらない。

 

例えば、ワードプレスを設置して
ブログを書いて発信していこうと
言われても、

「プラグイン??」
「サーバー??」
「ドメイン??」
「テーマってなんだ?」

って感じで、頭がこんがらがって
結局、俺にはシステムとかいじるのは向いていないと
勝手に決めつけて途中で挫折した。

 

当時は、今ほど発信してるひともいなかったので
普通に発信してるだけで勝てたのにね。

 

めんどくさい、俺はやりたくないといった
決めつけで逃げた自分は本当にダサいと思う。

 

ちなみに今では、ワードプレスの開設は
30分もあれば余裕でできる。

 

それは、ワードプレスの開設の仕方を学んだから。
勉強したから。

 

「自分には向いてない」って、
やる前から言っていたらただの言い訳なんだよね。

 

たいていのことは、前のめりになって
学んで行動すればできるようになる。

 

それを面倒だから、やりたくなといった
くだらない理由で挑戦しなかったのは
後悔しかない。

 

挑戦せずに、自分に勝手に言い訳をして
逃げていただけだった、
それも含めて天狗だったんだと思う。

 

天狗になったら人の話を聞かなくなるし
いいことない。

 

天狗になる前に
圧倒的な格上と出会って、
プライドをズタボロにされていればよかった。

 

そうすれば
自分は凡人だと謙虚に学んで
人の話を素直に聞いて行動していたのになあと思う。

 

だから今は常に謙虚で

「自分はまだまだ」
「凡人だ」
「上には上がいる」

と言い聞かせて、
毎日を生きている。

 

人を妬む 

 

月100万円を超えてから、数年で
気がついたら多くの後発組に抜かれてしまった。

 

僕より何十個も若い起業家さんが
ドンドン出てきて、月300,500万とか
稼いでる。しかも自動で。。

 

中には、一撃2000万、3000万と稼ぐ人も現れた。

 

僕はそれをみて、
どう思ったかというと

「どうせ胡散臭い商売しているんだろ?」
「そのやり方はフェアじゃないよね?」
「どうせすぐ消えるよ・・」

と横目で見ていた。

 

でも、実は嫉妬していたんだ。

 

せどりで月100万くらいで稼いで
悶々としていた自分は、
勝手に自分で自分を納得させて行動しなかった。

 

何をしていたかというと、
自分より稼いで行動している人や、
挑戦してる人に対しての批判、批評である。

 

当時のTwitterやYou tube発信の内容を
見るとひどいこと・・

なんの目的もなく発信していて
誰かがやってることを批評、批判しているだけ。。

 

1日中Twitterを見たり、
寝転んでポテチ食いながら,You tubeを見る毎日。

 

それでも「せどり」で稼いでいるからいいやん
と自分に言い聞かせていたけど、
何か物足りない。

 

当たり前だよね。なにも挑戦していないから。
本気で生きてないから。

失敗を怖がって、自分で自分を正当化して、
人を批評しているばかりの人間に人は集まらないし
もちろん稼げるようにもならない。

 

それから、人がやってることに批評、批判することを
辞めて、自分の目標を決めて
徹底的にやるこべきことを絞った。

 

失敗してもいいから、挑戦する。行動すること。
前のめりな考え方になった。

 

綺麗な仕事をやろうとしていた

 

僕はとにかく社会的に認められて、
人から認められる仕事をやりたかった。

 

単純にいうと「カッコつけたかった」

 

ネットビジネス、とくに「せどり」って
アングラで怪しいイメージがあるので
人にいえないもどかしさがあったんだよね。

 

だからスーツをきてビシっと決めて
出勤するビジネスマンがカッコ良く見えたり
大企業で働くサラリーマンがカッコよく見えた時期があった。

 

だから、自分も店舗を持って
メーカー取引して、モノを売るような
商社マンにようになりたいと、

脱転売に挑戦しようとして、
展示会にいってメーカーと交渉した過去がある。

 

ただね、今まで中古カメラしか売ったことがない人間が
いきなりメーカー展示会にいって
どれが売れるかとか目利き力があるわけない。

 

しかも、僕は元々、モノに興味がない人間だし、
センスもない。

しかもメーカーと取引するとなると、
資金も必要になる。売れないと在庫を抱えることにもなる。

 

結局、展示会に行ったけど、何もせずに帰宅。
脱転売は挫折することになった。

 

店舗設立用に借りた融資500万円を残して。

 

今考えると、綺麗でカッコよさそうな仕事って
ライバルも多いし、資金も必要でハードルが高い場合が
多いから、企業生存率が少ないんだよね。

 

だから、怪しいとかニッチな職業って
ライバルが弱いので勝ちやすい。

 

ネットビジネスはその典型だと思う。

 

そこから、カッコよさとか、
人に見られるということを意識しないで
確実に稼げるようなスキルを習得したいと思うようになった。

 

自分の望む人生ってなんだろう?

 

そもそも、自分が起業をしようと
思ったのは、誰でも邪魔されずに
生活したいから。

 

だけど、いつのまにか周りを気にして
カッコつけようとしていた。

 

気がついたら、自分の当初の
起業した目的を忘れてしまっていた。

 

そこで、原点に立ち直って
ネット界隈で、

・自由を謳歌して尚且つ
・仲間に囲まれて
・人に感謝されている

起業家をピックアップしていった。

 

すると、共通しているのは
ブログなどのメディアを持って、
メルマガで自分の商品(コンテンツ)を販売していたこと。

 

これが僕のコンテンツビジネスの出会い。

 

コンテンツビジネスって、
言い方変えると、「情報商材」のことである。

情報商材っていう言葉ってイメージ悪いじゃないですか?

だから、昔から僕もコンテンツとか
仕組み化、自動収入とか言っている人間は
怪しいと思い込んでいた。

 

だから、避けていたのだけれど
何もしないと昔のように批判評論するばかりの
ダサい人間になってしまう。

 

だから、購読していたある起業家さんの
メルマガで販売されていた5万円もする教材を
買ってみた。

 

結論として、本当に良かったと思う。

 

買う前と買った後では
「コンテンツビジネス」についての
認識が一気に変わった。

 

怪しい、詐欺的なイメージがあったけど
真っ当に長く「コンテンツ」で稼いでる方の
商品は密度が濃いし、なるほどと思う発見がたくさんあった。

 

また、その起業家さんの勉強量、知識量に驚いた。
と同時に自分が今まで何もしてこなかったことに少し落ち込んだ。

 

やっぱ、やってる人はやってるんだな・・。
勉強して、挑戦してるんだ。

 

ネットビジネスには、色々な種類ある

・情報発信、コンテンツビジネス
・せどり 転売
・アフィリエイト
・You tube 広告目当ての動画作成 etc・・・

 

僕は、比較的誰でもできる「せどり」から
挑戦して、難易度が高いと言われている
「情報発信、コンテンツビジネス」は敬遠してきた。

 

だけど、教材を買ってから
しっかりとした知識を付けて、学んで
ネット上に発信していけば必ず収益が発生する
比較的再現性が高いものだと感じた。

 

そこから、教材を何度も読んで
ネット上に学んだことを
アウトプットしていったら

メルマガ経由で自分が作ったコンテンツが
ポツポツと売れるようになった。

 

しかも、自動でね。
いままで労働してこなかったので、これは衝撃だったな。

 

もっとアクセスが上がれば、
もっと多くの商品を作れば、
もっと質のいい商品を作って口コミを広げれば、
もっと勉強して質のいい発信をすれば、

 

もっと収入があがる。
感謝される。
仲間も増える。

いやー、もっと早く「コンテンツビジネス」やるべきだったね。

今は希望しかない。

何より勉強したことが、結果として数字として出るから
勉強が楽しい。仕事もたのしい。

 

いつも仕事のことを考えているけど、
飽きない。これも全て「コンテンツビジネス」に出会ったから。

 

こんな感じで起業してからの苦労話を書いてきましたが
言いたいことは、

「挑戦すること」
「行動し続けること」
「批判、批評しないこと」
「言い訳を言わないこと」

 

自分の人生を振り返って、
あのときこうしていればと後悔するだけの
人生にしたくない。

 

あとは、私の発信をとおして
同じ価値観の人を増やしたり、知り合いたいなあと
思っているので

何か感想いただけると嬉しく思います。

 

ブログではお伝えしきれないことは
メルマガでも書いてるし

ときどきオフ会の案内も流したりしてるので
ご興味があれば、ぜひ登録してみてください。

中古せどりやカメラ転売に興味があるけど、どうやって始めるか悩んでませんか?

そこで、中古せどり、カメラ転売を初めて2ヶ月で稼げるようになった方法を分かりやすく解説した、無料コンテンツ&メルマガをご用意させていただきました。

無料コンテンツは、総数50本以上の大ボリュームの内容になっています。

「中古せどり解体新書」このコンテンツを読むことで、中古せどり、カメラ転売の基礎知識、やり方を無料で学ぶことができます。

今から、せどりを初めて稼ぎたいという方は非常に参考になる内容です。

 

無料プレゼントに申請いただきますと、アダチのメルマガに同時登録されます。

メルマガ内では、現役セラーだけが知る最新情報を共有していきますので、一緒にせどりについての最新情報を学んでいきましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です