メルマガで月200万稼ぐ24歳 しゅんえいさんと会って、ブレない重要性を感じた

どうも、アダチです。

 

先日、僕よりひと回り若い起業家の方と
お会いしてきたので、ブログでシェアしていこうと思います。

 

しゅんえいさんは、僕より10個以上下の24歳で

 

・手取り12万円の元郵便局員

・カメラ転売、バイナリーオプション、無在庫転売を経て、コンテンツビジネスに挑戦して、
21歳で月収100万円突破

・24歳の今では、収入を自動化して月200万を稼ぎ法人化

 

という実績の持ち主の方。
24歳で、ここまでの経歴は普通に考えて凄い。

 

24歳なら、普通は、どこかの会社に勤めて仕事が終わったら
パチンコに行って、負けて、腹いせにラーメンを食べて
帰って、酎ハイ飲んで、明日仕事にいきたくないなーと思いながら
寝るくらいです。

 

当時の僕のことですが、24歳って大体そんなもんだと思うんですよ。

 

ネットビジネスっていう言葉を知っても
せいぜい転売とか誰でもできそうなジャンルを

選びがちですが、ブログ、メルマガを連動させて
自動収益化しているのはシンプルに凄い。

 

実は、アダチもネットビジネスを初めて知った時は
24歳くらいの時、、

当時はアフィリエイトをやろうとASPの登録がめんどくさくて
諦めた過去があります。(それだけ昔のマインドは腐ってた)

 

「いやー僕より凄い人なんてたくさんいますよー」
とご謙遜されていましたが、僕の24歳の時と比べたら神レベルです。

 

しゅんえいさんと会うことになった経緯

 

実は、しゅんえいさんのことは、You tubeで以前から知ったんですね。

 

しゅんえいさんのイメージはなんというか、我を進んで群れずに
コツコツとやり続けるイメージで。

 

僕自身、しゅんえいさんが発信した初期の方から
You tubeを見ていたので、そこから一気に駆け上がっていく姿を見ていたので
「この人すげーなー」と遠目から見ていました。

 

そしたら、いきなりツイッターのDMで、いきなり
しゅんえいさんからメールがきたわけです。

 

何やら偶然おすすめに僕のYou tubeが出てきて
そこから僕の動画を見てくれているようで。

 

まじかよ!俺の動画をしゅんえいさんが!?

 

しかも住んでいる地域が浜松と豊橋と近いのもあって、
そこからトントン拍子で会う流れになったのです。

 

何気に今までせどり物販系の方とは、何人もお会いしてきたのですが
「コンテンツ」「リストビジネス」をやってる方と
ガッツリ話すのは初めてでした。

 

だから緊張ながらも楽しみでした。

 

しゅんえいさんを一言でいうとブレない

 

実際、会って話してみた感想として
しゅんえいさんを一言でいうと「ぶれない」ってこと。

 

自分は今後もとにかくコンテンツビジネスしかやらない。
店舗ビジネスには興味がない。
今やってることを積み上げるだけ。

 

しゅんえいさんがネット上でいつも言ってる通り、
実際に話してみると、まじでブレない人だなと感じました。

あとはあまり人とは群れない印象。

 

結構、ネット上と実際に会うとイメージが違う人もいるけど、
しゅんえいさんの場合は、本当にそのまま。

とにかくやるべきことを継続してやるべきだと
おっしゃられていました。

 

てか、普通の人だとやめちゃう人が多いと思うんですけど
なんでしゅんえいさんは、発信をここまで続けられたんですか?

 

と聞くと

「情報発信するのが、楽しいからですね。発信すると、色んな人から返事がきて
それが刺激になって、楽しい。そもそも楽しくないと続かないじゃないですか??
あとは、色々経験してきて情報発信、コンテンツビジネスしかありえないと思っているからです」

たしかに間違いない。

なんでも楽しくないと続けられない。

 

ただ、ネットビジネスやる人って結構お金、
売り上げにフォーカスばかりするから
ブレたり、楽しくないからって辞めちゃうんだよね。

 

特に情報発信、コンテンツビジネスなんかは初速が遅いので
それに耐え切られなくて、途中でブレる。

 

でも1年はやれば絶対に稼げると思って、実際に自分以外にも
コンテンツで稼いでる人がいたから継続さえすれば
絶対に稼げると淡々とこなしていっただけとのこと。

 

ネットビジネスって、たまに超天才的な人が
新生のごとく現れて短期間で
月500とか1000万とか稼ぐことってあるんですが
あれって参考にならないんですよね。

 

だって、元々天才だから、センスがあるから。
凡人が彼ら彼女らを参考にしても意味ないし、参考にしたところで
思うような結果がでない。

 

比べて、しゅんえいさんはどちらかというと
天才型ではなく、コツコツとやるべきことを
やって実力を付けて、結果を出してきた方なので
自分の中でもリアリティーを感じられるんです。

 

で、実際やってきたことを聞くと
教材に書いてあったり、無料で落ちてる情報にあることを
ひたすら積み上げてきただけ。

 

こういう人間って強い。
実際、僕も情報発信と並行してカメラ転売を10年続けていますが
やるべきことをひたすらこなしてきただけなんです。

 

おかげで、転売自体では、今では楽々稼げるようになっているわけで。
やっぱ日々の鍛錬ってまじで重要だと思った次第です。

 

あとは、超現実派であり、ミニマリストで
モノを極力持たないのが面白いなーと。

 

服はアマゾンで同じものを3着買って、着回すだけ。

「ちなみに今履いているパンツがこれです。
これを3着着回すだけなんです」

 

いや、ここまで徹底するのは凄いね。だからビジネスもブレずに
やる続ける精神を持っていんだと思った次第です。

 
 
24歳でもここまで達観してる人って中々いないし、
それに気づくのって普通30とか40になってから。
 
 

ずっと、すげーなーっとしか言ってませんでした。

 

しかも、僕がビジネス上で悩んでいることも真摯に
受け応えていただき、感謝しかないです。

 

 

2店目のバーに行って、解散しました。

 

僕は、10年前からネットビジネス業界にいますが
思ったのが、しゅうえいさんのような20代前半で活躍している
のが圧倒的に多い印象です。

 

ツイッターを見ても、You tubeを見ても
ネット上で露出して、稼いでそうな人って圧倒的に
20代が多いんですよね。

 

30代、40代と年齢が高くなっていくにつれて
発信者は少なくなってくる。

 

50代ていうといないんじゃないかな。

 

だからそこ、僕はチャンスだと思っていて
30代、40代でこの年齢からできますか?とは聞かれると
いやいや市場ガラ空きだからやった方が
いいですよと答えています。

 

だって、ライバルがいないから、強いのは
圧倒的に20代だからね。

 

でも、僕が20代でネットビジネスに参入した当初も
同期で同い年くらいの人が皆、発信していた。

 

でも、回りをみると今はほぼいない。
今は表に出る必要がなく裏側にいて、ガッツリ稼いでるなら
嬉しいですが、いま何をしているのでしょうか?

 

そう考えてみると、続ける人って少ないのが良くわかる。
しゅんえいさんも8割は続かないと言ってたし。

 

逆に続けるだけで勝手にライバルがいなくなるから
チャンスしかないと思っていますが、
皆もっと簡単に稼げそうなジャンルに行くのでしょうか。

 

FXの自動売買?
無在庫転売?
バイナリー?

いやいや、リスクあるから。借金抱えるから。

 

何をやればいいのか??

情報発信しかないっしょ!

 

しゅんえいさんと、話してやっぱり情報発信が一番だなーと
再認識した次第です。

 

あと、実際に会って話した方が
リアリティーがあるので、会いたいって思った人には
積極的に会うことをおすすめします。

 

それでは。

カメラ転売解体新書と土木作業員のストーリーの電子書籍を無料で見れます。

僕は一人社長として
カメラ転売と情報発信で生計を立てています。一応、独立して10年、法人化して4年になります。

こうやって書くと、僕にはもともと才能があったとか、
運がよかったとか言われますが、
もともとは人見知りで友達は少なく、凡人以下の人間でした。

最終職歴も、手取り14万円の土木作業員でしたから。

土木作業員時代は、夢も希望もなく、
魚の死んだような目をして毎日生きていましたが

勇気を出してビジネスを始めると、
短期間で人生が180度好転したのです。

しかも、知識も人脈もない状態でビジネスに取り組んだ結果
人生逆転することができました。

そこで、僕がどのようにして、会社に
雇われず豊かに生きれるようになったのか?
をまとめた電子書籍を出版しました。

購読いただいた方からは、
「やるべきことが明確になった」
「ビジネスの仕組みが理解できるようになった」
など多くのお褒めの感想をいただいています。

さらにカメラ転売を学べる「解体新書」
を無料でお渡しします。これを見るだけでもカメラ転売が実践できる内容になっています。

メルマガ限定で今だけ無料で見れます。

電子書籍は、誰でもわかりやすくストーリー形式で
執筆したので、ぜひ一度読んでみてください。下記をクリック↓↓

 

 

 


僕の経歴はこちらをご覧ください↓↓

 

 

 

お読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です