Twitter 1日でツイートを100個作ってみたら、新世界が開けた話

アダチです。
 
 
 
最近、アウトプットをかねて
ツイッター100ツイート企画なるものを
一人でやってみました。
 
 
 
1日100ツイートを目指していたのですが
結果的に無事1日で100ツイートを完走。
 
 
 
寝食以外は全てツイートをする1日でした。
 
 
 
1日10時間以上タイピングしたので、
肩がめっちゃいたい。
 
 
 
今このブログを書いてるときも
手を震えながら書いています。
 
 
 
なんで、こんな無謀な企画をやったのかというと
ビジネス開始半年で1400万円稼いだ大学生が
 
メルマガで今から1日で100ツイートをして
やってみた結果
 
「めっちゃ学びがあった」
「コンテンツを作るスピードがあがった」
 
と言ってたからです。
 
 
 
単純でしょ?笑
 
 
 
しかもツイッター経由でめちゃくちゃリストをとって
そこから1400万以上稼いでるらしい。
 
 
 
結論から言うと、
ツイート企画100ツイートしてよかった。
 
 
 
タイピングスピードが早くなったのは
もちろんのこと、
 
同業者の分析も結構深いところまでできたので
やって良かったと思います。
 
 
 
あとは、企画を完走したことで
自分に自信がついたこと。
 
ツイッターがさらに楽しくなった。
 
 
 
僕は、ツイッターってどちらかというと
苦手意識があったのですが、
 
量をやって同業者分析をすると
色々なものが見えてきます。
 
 
 
今後の発信のやり方にも活かせるし
いいことしかないです。
 
 
 
自分に負荷をかけて達成すると
たとえ小さい目標でも自信がつくので
試しにやってみてください。
 
 
 
備忘録もかねて、やってみた感想と内容を
メモ代わりにブログに書いていこうと思います。
 
 
 
ツイッターで発信するのが怖い人
なかなか行動できない人にとっては
刺激になるはずなので、ぜひ参考にしてくださいね。
 
 
 

ツイッター100ツイート企画の経緯

 
 
メールをふと開いたら
あるビジネス開始半年で1400万円稼いだ大学生起業家からの
 
「今日は1日100ツイートやります!」
 
というメルマガを偶然読む。
 
 
 
普段ならそこでメールを閉じるのだが
前々からツイッター集客を強化しようと思っていたので
そのメルマガの内容はベストなタイミングだった。
 
 
 
あと、毎日のようにツイッターをいじって
1日3ツイート、5ツイートするのもいいんだけど
簡単なようで結構手間だったりする。
 
 
 
いつも昼を食べた後に1-2時間ツイートするのだけど、
いつも腰が重くて、作業がはかどらないこともある。
 
 
 
一時期はツイート考えるのに、1,2時間経っても
何も浮かばず気がついたら、
 
You tubeを開いて
現実逃避する時もあった。
 
 
 
でも、腰をあげてツイートすると一気に脳が活発化して
連続でツイートができるようになる。
 
 
 
それなら、1日まとめてツイート作った方がいいんじゃないのか?
と薄々感じていた。
 
 
 
そんなタイミングで
「ツイッター1日で100ツイート」企画のメルマガが届く。
 
 
 
その企画の結果をみて、
これなら俺にもできるかもしれないと決意。
 
 

やる前から勝負は決まっている

 
 
まず、ツイッターに一点集中する環境を作るため
余計な情報はすべてシャットダウンした。
 
 
 
部屋のなかはPCと本のみ。
 
 
 
そして、パソコンの開いているタグはツイッター
とメモ代わりのエバーノートのみだ。
 
 
 
途中で挫折しないように、嫁さんに
 
今日の夜12時までに、ツイート100本ツイート出来なかったら罰金5万円払います!
 
と宣言して退路をたった。
 
 
 
自分の行動させるために、公言する、罰金精度を作って
無理に負荷をかけるのはオススメだ。
 
 
 
だって、誰も5万円払いたくないからね。
もし達成しないと嫁さんにも馬鹿にされるし。
 
 
 
自分をやるだけの環境におくと
「やる」「やらない」の選択肢しかないから
迷う時間がなくなる。
 
より集中できる。
 
企画した当日は時間に追われていたから、
いつもの数倍時間がを立つのが早く感じた。
 
 
 
周りを見渡したら、さっきまで昼間だったはずなのに
真っ暗だった。
 
「え?もうこんな時間なの?」
 
と思うくらい。それだけ、集中してた。
 
 
 
強制的に負荷をかけて、行動をうながせば
集中して多くのことをこなせるのでオススメである。
 
 
 
僕は、企画前日にツイートのネタとなる
 
「過去の教材」
「書籍」
「参考にしてる方のツイート」
「無料レポート」
 
を事前に用意しておいた。
 
 
 
これが企画達成の成功の要因で、
ツイートが進まないのは単純にネタがないからである。
 
 
 
パソコンに座ってもネタないんて振ってこない。
 
だから、パソコンに座る前から勝負は決まってるんだよね。
 
そのためにも日々の発信材料のネタ探しは重要なんだよね。
 
 
 
朝7時からツイートを作って、
10時までに約40ツイートを作り終える。
 
 
 
「3時間で40ツイートか〜それならあと
6時間もあれば100ツイートは余裕だな」
 
「もしネタがなくなったらレポートを読んで、
書籍を読んでそう考えるとギリギリのラインかな〜」
 
 
と逆説しながら行動していく。
 
 
 
一番面白かったのが同業者のツイートを分析すること。
 
やっぱり伸びてるツイートって、
狙ってやってることが多いなあと。
 
 
 
例えば、神話の法則と言って
「ダメダメだった俺が今ではこんな立派になりましたー」ってやつ。
 
 
ネット界ではメジャーな言い回しなんだけど
なんだかんだ反応がいい。
 
 
 
あとは、物語、ストーリー口調でツイートしたり、
ストーリーって誰でも目も止まるからね。
 
 
 
結構な人を分析して「ほーなるほどねー」
と自分もこの言い回し使ってみようかと、真似てみたり。
 
 
 
ツイッター分析だけでも勉強になる。
見えてくるものがある。
 
 
 
伸びてるツイートをみると
「なるほどねーこの言い方はこのメソッド使ってるのか」とか
 
「このツイートは教育を意識してるのね」とか
 
今まで教材を買って勉強したことを
応用できるし、参考例も分析できるので
これめっちゃおもろいやんと。
 
 
 
今では、僕もツイートを無感情でできるけど、
初期の頃は「誰かになんかいわれないかな?」
    「自分の言ってること間違ってないかな」
 
とビビってたけど、単なる自意識過剰。
 
 
 
誰もあなたのことを気に留めてないし、
はじめは誰にもみられないから心配することない。
 
 
 
だから安心していい。
 
 
 
そんな感じでなんとか1日100ツイート企画を完走した。
 
嫁に5万円を払いたくない一心だったので
必死だった。
 
そして、この1日で多くのものを学べた。
 
 
 
 
1日ツイッター企画をやって感じたことは
100ツイートって膨大な量だと
思うけど、意外に簡単にできるってこと。
 
 
 
ツイッターの最大文字数140字×100=14000文字
 
 
 
14000文字を一日に書くと思えば
結構簡単なんだよね。
 
 
 
これも全て行動した結果、行動しなければ
わからないことってたくさんある。
 
 
 
だから、目の前に大きい壁があっても
とりあえずやってみるか的な意識で
やってみると意外にハードルが低いことに気づく。
 
 
 
あとは、まとめてやる効率性。
 
人間って、行動する前が一番負荷がかかる。
 
考えてみてほしいけど、やる前が一番負荷がかかる。
 
でも一度やってしまえばスムーズに
できることない?
 
 
 
僕はツイッターをいじる前がそんな感じだったから
それならまとめてやった方が、効率よくない?
 
と100ツイート企画をやった。
 
 
 
やって正解だった。
100ツイート分を1日で作ることができたから。
 
 
 
普段だったら1日5ツイートするのに
だらだらと考えたり、
よそ見しながら2時間とかかかってしまうから。
 
 
 
時間的にも体力的にも効率的だ。
 
 
 
このやり方は理にかなっているので、ツイッター以外にも
You tubeでもやっていきたい、1日に20動画を撮るとか。
 
 
 
そんな感じで今回の企画を得たものは計り知れない。
たった1日でも人は進化できるんだよね。
 
 
 
タイピングも早くなって
前より文章もガンガン書けるようになる。
 
 
 
さらにツイッターはリスト取りにもなるし、
文章うまくなるし
同業分析もできるのでオススメです。
 
 
 
それでもハードルが高いなあと思う方は
140文字じゃなくてもいい
10文字でもいいからやってみることって重要です。
ハードルを下げて、行動する仕組みを作るって大事。
 
 
 
で、伸びたツイートはリスト化したり、bot化する。
で定期的に流す。
 
 
 
それだけでブログのアクセスがあがり商品も売れていく。
いいことしかない。
 
 
 
これから定期的に1日100ツイート企画を遂行しようと
思います。月1でやろうかな。
 
 
 
それでは!

カメラ転売解体新書と土木作業員のストーリーの電子書籍を無料で見れます。

僕は一人社長として
カメラ転売と情報発信で生計を立てています。一応、独立して10年、法人化して4年になります。

こうやって書くと、僕にはもともと才能があったとか、
運がよかったとか言われますが、
もともとは人見知りで友達は少なく、凡人以下の人間でした。

最終職歴も、手取り14万円の土木作業員でしたから。

土木作業員時代は、夢も希望もなく、
魚の死んだような目をして毎日生きていましたが

勇気を出してビジネスを始めると、
短期間で人生が180度好転したのです。

しかも、知識も人脈もない状態でビジネスに取り組んだ結果
人生逆転することができました。

そこで、僕がどのようにして、会社に
雇われず豊かに生きれるようになったのか?
をまとめた電子書籍を出版しました。

購読いただいた方からは、
「やるべきことが明確になった」
「ビジネスの仕組みが理解できるようになった」
など多くのお褒めの感想をいただいています。

さらにカメラ転売を学べる「解体新書」
を無料でお渡しします。これを見るだけでもカメラ転売が実践できる内容になっています。

メルマガ限定で今だけ無料で見れます。

電子書籍は、誰でもわかりやすくストーリー形式で
執筆したので、ぜひ一度読んでみてください。下記をクリック↓↓

 

 

 


僕の経歴はこちらをご覧ください↓↓

 

 

 

お読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です