EBAY輸出での返品の流れを徹底解説!

売れた商品が、気に入らない、破損している等で

顧客様から返品したいと言われることがあります。

 

今回は、どのように返品を受けつけるのか、また出来るだけ

返品を避ける、返金額を最小限に抑える方法を解説していきますね。

まずは、下記動画をご覧ください↓

 

返品の流れ

お客様から、返品希望の連絡(EBAYのメッセージ経由、RETURN REQUEST経由)→

なぜ返品なのか、返品の理由を聞きます→

承諾したらRETURN REQUEST 経由から返品を受け入れます

 

RETURN REQUEST上で返品を受け入れから返金までの流れ

my ebayをクリックして、次のページの下にある「Resolution center」を

クリックします

そうすると、右側に返品のケースが開いている商品を見つけることができます。

「return request is open」をクリックして、返品要求されている商品が出てきます

「See details」をクリックして、返品を受け入れて、顧客様の返品を待ちます

 

返品の際、ラベルを発行するかどうか選ぶ必要がありますが、

海外から日本への着払いの発送方法、ラベルはありません。

ですので、始めは、顧客様の国の発送業者を選んでいただき、自宅へ返品されたことが

確認できたら、return request のrefund sendから商品分の代金を返金して、

別に返品送料をペイパル経由で直接振り込むようにしましょう。

 

バイヤーさんには、その経緯を説明して、着払いが不可能なので

実際の返品額を教えてもらって、後に返品送料をペイパル直で振り込むことを

伝えましょう。

 

被害を最小限に抑える方法

返品されたときに、簡単に同意するのではなく、

一部返金を提案してみることをお勧めします。

 

返品されるくらいでしたら、送料分を負担しなければなならないし、

不良在庫になるくらいなら利益トントンか少々の赤字で済むくらいなら

一部返金の方が良い場合もあるので、簡単に返品を受け入れるのではなく

一部返金等を提案し、支出を最小限にすることをしていきましょう。

 

参考にしていただければ幸いです。

電子書籍を限定無料で読むことができます

僕は一人社長として
転売と情報発信で生計を立てています。一応、独立して10年、法人化して4年になります。

こうやって書くと、僕にはもともと才能があったとか、
運がよかったとか言われますが、
もともとは人見知りで友達は少なく、凡人以下の人間でした。

最終職歴も、手取り14万円の土木作業員でしたから。

土木作業員時代は、夢も希望もなく、
魚の死んだような目をして毎日生きていましたが

勇気を出してビジネスを始めると、
短期間で人生が180度好転したのです。

しかも、知識も人脈もない状態でビジネスに取り組んだ結果
人生逆転することができました。

僕以外にも、過去ひどいいじめを受けていた人、
1000万以上の借金を抱えていた人もビジネスに挑戦した結果、
半年くらいで月100万くらい稼いでいます。

そこで、僕がどのようにして、会社に
雇われず豊かに生きれるようになったのか?
をまとめた電子書籍を出版しました。

購読いただいた方からは、
「やるべきことが明確になった」
「ビジネスの仕組みが理解できるようになった」
など多くのお褒めの感想をいただいています。

もっと多くの人に読んでもらいたいので、
そこで期間限定で無料公開することにしました。

メルマガ限定で今だけ無料で読めます。

誰でもわかりやすくストーリー形式で
執筆したので、ぜひ一度読んでみてください。下記をクリック↓↓

 

 

 


僕の経歴はこちらをご覧ください↓↓

 

 

 

お読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です