青色申告しとけば良かった・・話。

Pocket

アダチです。

この時期になると、個人事業の方は

予定納税がいくらやら、市民税がいくらやらで

「は?なんでこんな払う必要があんの?」と

頭を抱えている方もいるのではないでしょうか??

 

いやまあ、私も開業してから、市民税、やら個人事業性、予定納税等の

支払いでこんなに取られんの?と悩んだ時もありました。

結局は、それならもっと稼げばいいやんっていう話に落ち着くんですが

その前に税金、節税の知識を学んでおくことをオススメします。

 

基本、事業をしている時って、目の前の利益ばかり追い求めて

おー、これだけ利益出てんなら余裕だな〜っと

適当に経費、税金等の管理を怠っているといつか痛い目にあいます。

目の前の事業、目の前の利益を見る前に、まずは

そこそこ食えるようになってきたら税金、経費等の管理をしていきましょう。

 

自分で管理ができないのなら、税理士を雇うのはもちろんのこと、

会計ソフトFREEEを使って、自分で管理したり、

身内の誰かにやってもらう(僕の場合は嫁)などして

いつこの税金が支払われて、いついつに決算があるというように

紙に記録するなどして可視化することですね。

すると、大体1年でこれくらい税金が取られるから、トータルで最低これくらい稼げば

いいのか・・と逆算して考えられます。

ぶっちゃけ最高月収いくらか稼いだのなんて意味ないんですよ。

月いくら稼いでも、来月0なら意味ないわけで・・年収ですよ、年収ね・・重要なのは。

青色申告は絶対申告するべし

最近、市民税の徴収書が届いたわけなんですが

昨年払った額の10分の1に下がっていたわけです。

 

え?嘘?なんでこんな安いの??と税理士さんに問い合わせたところ

青色申告特別控除を申告した影響で安くなったとのこと。

 

あとは、売り上げに対する利益を見ると

あんまり会社自体が儲かっていないとのことwww

 

たしかに昨年から青色申告をして、今年の3月に確定申告をしたわけですが

ここまで安くなんの??と何で今まで青色申告にしなかったんや!

と後悔するのは既に遅し・・多分開業して、青色申告してたら

かなりの税金を節約することができたはずです。

 

いやー目の前の作業ばかりしてるだけだと、

ダメだね。

ちなみに青色申告は、こんな感じで↓↓

所得金額=収益-費用-青色申告特別控除額

 

所得金額を青色申告をすることで、減らすことができるってこと。

青色申告額は、「10万円」「65万円」のどちらかを選べることができます。

ちなみに、私は「65万円」の青色申告を受けました。

所得金額を青色申告の65万円控除されることによって、

それに伴い各々の税金も安くなるってことですね。

 

だから市民税もそれだけ安くなったってことですわ。

さすがに10分の1は下がりすぎだけどね。

ということで青色申告の良さを今更ながら語ってしまいました。

マジで今更かよって感じなんですが、俺は稼いでればそれでいい。

利益が出てりゃ問題ないだろなんていう考えでいると

いつか首を閉められる時がきます。

とりあえず、青色申告しとけってことですね。

なんだかんだ輸出の還付金はデカイ

あとは、なんだかんだ輸出の還付金はでかいですね。

物販されている方は、売り上げに輸出の売り上げがあると

マジでデカイんですわ。

ある意味、確定申告、法人でいったら決算月なんて、

場合によってはボーナスみたいなもんですよ。

 

普通だったら、払うべき所得税、消費税が

還付として戻ってくるんですからね。

こんな美味しい話はないわけです。

良く、還付金目当てで利益度外視で売り上げをあげるために

アマゾン輸出、ebay新品無在庫されている方がいます。

 

そのやり方はないんじゃないの?と避難する方もいますが

私的には全然ありだと思います。

綺麗事ばっかり言って、儲かってないビジネスやるくらいなら

泥臭いことやって儲かった方が良いにきまってますから。

詐欺とか、人を騙して売るのは論外ですよ。

まとめ

最後にまとめると、青色申告はすべし。

輸出やるなら還付金がなければやる意味がない。

まあ、そう考えると情報って本当に価値がありますよね・・

知ってる、知らないの差はホンマにでかいってことです。

 

・商品を仕入れる時はクレカで仕入れる・・クレカポイントが付く

・ネット仕入れの時は、ポイントサイトのリンクを踏んで仕入れるとポイントが貰える

・記事を書く時は、アフィリリンクを貼る

これらのことを知る知らない、やるやらないだけで、年間何十万、何百万もの

違いを産みます。

 

無知は、損すわ本当に。

では。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です