「せどり」利益率は重要??正しい利益率の計算方法を解説します!

こんにちわアダチです。

今回は、せどりの「利益率」について解説していこうと思います。

良く、せどり転売界隈では、利益率が高い方が良い、利益率が驚愕の40%越えなど利益率について良く言われていますね。

せどり界隈では、利益率は関係ない、大事なのは利益額だ!という声もちらちら聞こえますが、個人的に利益率は重要で、利益率が高ければ高い程良いと考えています。

せどりの利益率とは

そもそも「せどりの利益率」とは、どういう意味なんでしょうか?

利益率は、売上高に占める粗利の割合のことです。

ざっくり言うと、販売額に対しての粗利益額の率のことを言います。

粗利益とは、売り上げ額から、仕入額や手数料を引いた額のことです。

実際に商品を仕入れて、アマゾンで販売したときの利益率を計算しましたので参考にしてくださいね。

・カメラを「10000円」で送料込みで商品を仕入れました
・アマゾンで「20000円」で売れました
・カメラのアマゾン手数料は、8%なので「20000円」の8%「1600円」になります
・「20000円」からアマゾン手数料1600円を引いて「18400円」が売り上げになります
・売り上げ高18400円−仕入額10000=粗利益8400円
・粗利益8400÷ 売り上げ20000 × 100 =42%の利益率です

せどりの正しい計算方法

もう一度、分かりやすく利益率の計算方法を解説していきますね。

せどりの利益率は、売り上げ額 ÷ 粗利益× 100 = 利益率というように算出していきます。その前に「売り上げ」と「粗利益」の計算方法を述べていきますね。

売り上げ額は、

売り上げ額 – アマゾン手数料  = 売上げ額

粗利益は、

売り上げ額 – アマゾン手数料 + 仕入額   = 粗利益

というように計算していきます。

それぞれの数値を計算して、利益率を出していきます。利益率の算出方法はこちらです↓

売り上げ額 ÷ 粗利益× 100 = 利益率

 

それぞれ数字を当てはめて、もう一度計算していきましょう。

送料込み10000円で仕入れた中古カメラがアマゾンで20000円で売れました、、

売り上げ額20000円 – アマゾン手数料8%(1600円)  = 売上げ額18400円
売り上げ額 18400円– 仕入額10000円   = 粗利益8400円

売り上げ額18400円 ÷ 粗利益8400× 100 = 利益率42%

今回は、アマゾンに中古カメラを売ることを前提に計算していきましたが、商品によって手数料は変わってきます。

また、ヤフオク、アマゾン、EBAYでもそれぞれ手数料は異なってきますのでそれぞれの手数料形式に当てはめて計算していきましょう。

目標は20%以上の利益率を維持すること

私は、基本的に、利益率は20%以上を維持することを推奨しています。

なぜかと言うと、利益率が低すぎる「せどり転売」は労力ばかりかかって、手元にお金が残りづらいからです。

利益率20%は、例えば月利益20万円を稼ぐために、100万円の売り上げが必要になっていきます。100万円を投資して、20万円の見返りがあるということです。

人それぞれですが、資金面を考えると利益率20%以上は必要ですね。もし、利益率10%の薄利多売ビジネスをやっていたら資金がいくらあっても足りません。

月利益20万円稼ぐために、200万円の売り上げをあげる必要があります。たった20万円稼ぐために200万円の売り上げですよ?資金回転を考えるだけでも100万円以上は必要です。

果たして、それだけの資金を持っている人がせどりをやろうと思うでしょうか?できるだけ資金は使わずに利益を上げるためにも、利益率は20%以上あることが望ましいです。

利益率が高い方が良い理由

初心者が、せどりをやるときには利益率は、高いければ高い方が良いです。

例えば、同じ粗利益でも10%の利益率と20%の利益率では、使う資金や手元に残るお金も大きな差が生まれてきます。

そもそも、これから「せどり」をやる理由はお金が欲しいからですよね?始めから大量のお金を持っている人はほぼいないんじゃないかと思います。

利益率が低い転売から始めるとしんどいですよ。特に新品を扱うせどりが多いのですが、月利益100万円越えました〜!って声高に言っていますが、売り上げをみていると1000万円以上の売り上げで月利100万円ていう話が非常に多いこと。

1000万円も使って、100万円しか利益残らないの?それなら不良在庫やら、税金含めると全然手に残りませんよ。

決まって、後から聞いてみると利益100万円達成したはいいのだけど、「資金繰りが大変」「税金で取られて手元に残っていない」ということを良く聞きます。

せどりは、せどりでもどうせやるなら、手元にお金が残りやすく、できるだけ資金がかからない方がストレスなくできると思うんですけどね。そう考えると、やはり利益率は需要です。

高利益率のせどりなら「中古品」を扱え!

利益率の高い「せどり」手法は、ずばり「中古品」を扱う転売手法です。

中古品は、1点ものなので相場もバラバラで、出品の仕方により売れる額も変わってきます。新品のように値下げ競争も起こりにくいため、利益率は20%以上は確実に見込めます。

また、1品あたりの粗利益も5000円〜10000円と出るので、20〜30個販売するだけでも月収10万円稼げてしまいます。副業のような時間のない方は、1品あたりの粗利益の単価を上げないといつまでも、しんどいままですよ。

1回の取引で高利益を出して、少ない労力で利益を出すことができる「中古せどり」は私が一番オススメする転売手法です。

修理することで利益率50%以上も!!

中古品を直す技術があれば、リサイクルショップで売っている安いジャンク品を買ってきて、メンテナンスして、転売することで高い利益率を出すことができます。

メンテナンスなんて、難しいと思うでしょうが、今では無料でYOU TUBEなり、ブログなどで親切に無料でメンテナンス方法を紹介してくれる方がいるんです。

こちらは、Canon 75-300mm のズームレンズなんですが

これらは、すべてレンズにカビや汚れがあるということで格安で販売されています。このカビを除去するだけで6000円以上で販売することも可能です!

レンズのカビ取り方法も無料でこのように↓↓

これ見て実践するだけでも、月10-30万円稼ぐことも可能です。

1000円で仕入れて、6000円で販売して、利益率50%以上も可能です。資金がどうして少ないという方は、このように修理をして転売することを推奨します。

今回は、カメラのレンズについて紹介しましたが、プリンターや音響機器、釣り具など修理方法はググればいくらでも出てきます。

それを見てやるだけで、何万、何十万と稼げるのはいい時代になったなあと感じます。

まとめ

今回は、せどりの利益率について解説していきました。あなたが、せどりをやる理由は、お金を稼ぐためですよね?

前述したように利益率10%以下、税金で搾取されて、手元にお金が残らない「せどり転売」をやるぐらいだったらアルバイトでもやった方がよっぽどお金が貯まりますよ。

どうせやるんだったら、手元にお金が残るなおかつ、1品辺りの粗利益が高くて、労力が少なく稼げる「せどり」をやった方がいいです。

これらを踏まえて、私は、中古品を扱った転売を推奨します。

中古せどりやカメラ転売に興味があるけど、どうやって始めるか悩んでませんか?

そこで、中古せどり、カメラ転売を初めて2ヶ月で稼げるようになった方法を分かりやすく解説した、無料コンテンツ&メルマガをご用意させていただきました。

無料コンテンツは、総数50本以上の大ボリュームの内容になっています。

「中古せどり解体新書」このコンテンツを読むことで、中古せどり、カメラ転売の基礎知識、やり方を無料で学ぶことができます。

今から、せどりを初めて稼ぎたいという方は非常に参考になる内容です。

 

無料プレゼントに申請いただきますと、アダチのメルマガに同時登録されます。

メルマガ内では、現役セラーだけが知る最新情報を共有していきますので、一緒にせどりについての最新情報を学んでいきましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です