せどりやカメラ転売でオススメの銀行口座をご紹介!

アダチです。

今回は、せどりやカメラ転売でオススメの銀行口座をご紹介していきます。

私自身も、今まで転売をする上で多くの4〜5個の銀行口座を開設してきましたが、そこまで多くの口座を作る必要はなかったと後悔しています。これから、せどりをしようと思っている方は1つ事業用の銀行口座を作るだけで十分です。

せどりやカメラ転売で使う銀行口座を選ぶ3つのポイント

せどりやカメラ転売で利用するための銀行口座を選ぶ時に見るべきポイントは3点あります。

インターネットバンキングがあるか

インターネットバンキングとは、ネット上で入出金ができることです。ヤフオクやメルカリでの仕入れの支払いもネット上で完結することができます。

仕入れの入金をする度に銀行に入金していたら、非常に手間だし、引き出し手数料等の損失もあります。銀行口座を選ぶ時は必ずインターネットバンキングがあるかどうかを確認しましょう。

入出金は24時間対応しているか、コンビニATM対応しているか

せどりやカメラ転売は、資金繰りが非常に重要です。土日は入出金ができなかったりすると、仕入れできるチャンスがあるのに入出金ができなかったりと目の前の利益を失うことになります。

資金繰りを良くするためにも土日関係なく24時間365日、引き出しができる銀行口座を選びましょう。また近隣のコンビニATMに対応しているとコンビニで引き出しができるので便利です。

その銀行が近隣のコンビニでも入出金ができるか確認する必要があります。

各種手数料は安いか

各種手数料とは、、

  • 引き出し手数料
  • 振り込み手数料

の2つの手数料が安い、または無料な銀行口座を選びましょう。

一回一回、入出金をするのに高額な手数料を払っていると、それが積み重なると大きな損失に繋がります。またコンビニATMで引き出しをする度に引き出し手数料を取られるのもアホらしいですよね。

せどり(カメラ転売)する上ではインターネットバンキングが便利な理由

せどりやカメラ転売をする上で、インターネットバンキングは必ず使いましょう。というか使うべきです。

私が、ここまでインターネットバンキングをオススメするのには大きな理由があります。

パソコン上から入出金ができる

前述しましたが、パソコン上で入出金が完了するのが非常に便利ですね。

例えば、ヤフオクで商品を仕入れるとしてネットバンキングを利用すれば1歩も家から出ないで商品を仕入れることができます。メルカリやネットショップも同様です。

ネットバンキングを利用しなかったら、わざわざ銀行にいって、お金を振り込んでさらに場合によっては振り込み手数料も取られるケースもあります。

面倒な手間を省き、無駄な手数料を払わないようにするためにもネットバンキングは必ず利用しましょう。

Web明細により確定申告が楽になる

インターネットバンキングを利用すれば、入出金履歴の明細が全てネット上で記録されます。

WEB明細により、確定申告時に必要な入出金履歴がCSVで一括でダウンロードできてしまうので、確定申告の手間が少なくなります。

ネットバンキングを使っていない場合、銀行に行って、通帳記入をして、それをコピーして、、と手間がかかります。ネットバンキングならネット上でCSVで一括ダウンロードするのみです。

時間面も効率面を踏まえて、インターネットバンキングを使わない理由はありません。

せどり(カメラ転売)のおススメ銀行口座はジャパンネット一択

私がオススメする銀行口座は「ジャパンネット銀行」です。

せどり(カメラ転売)をこれからやろうと思っている方だけでなく、プライベートで使う用でも「ジャパンネット銀行」をお勧めします。これだけ推すのには理由があります。

コンビニATM無料

コンビニのATMで入出金する時に、手数料を取られるのってイラっとしませんか?さらに祝日だと通常よりも多く手数料を取られたりと。

ジャパンネットであれば、毎月最初の1回はお取引金額にかかわらず無料(入金・出金それぞれ1回)、2回目以降は、3万円以上なら何度でも入出金が無料です。

コンビニATMで24時間365日入出金できる

全国の提携コンビニ、提携銀行ATMで24時間365日入出金ができるのは非常に心強いです。通常の都市銀行のカードだと、祝日などコンビニATMや銀行ATMに行っても入出金できないところが今でも多いですが、ジャパンネットなら正月だろうが、365日24時間、入出金可能です。

ヤフオクと提携している

ジャパンネット銀行は、ヤフオクと提携していることから、ヤフオク決済する時に手数料が無料になります。ジャパンネットでヤフオク簡単決済すると1%分のTポイントが貰えるのも非常に魅力的ですね。

またYahoo!ウォレットの受取口座としてジャパンネット銀行を登録している場合、落札代金が土日、夜間でも入金されます。資金繰りの面でもメリットがあります。

ジャパンネット銀行の唯一のデメリット

ジャパンネット銀行は、多くのメリットがありますが、1点面倒だなと思うデメリットがあります。それは、インターネットバンキングで入出金をする時にワンタイムパスワードを入力する「トークン」が必要だということです。

トークンがないとインターネットバンキングで入出金ができません。トークンを紛失すると入出金ができないのは難点ですね。

しかし、「トークン認証なし振込」でご自身名義の他行口座や、決まった振込先を事前に設定することで、トークンが手元になくても入出金が可能になります。

お得にジャパンネット銀行の口座開設する方法

ハピタスというポイントサイトを経由して、ジャパンネット銀行の口座開設をするだけで「1200ポイント(実質1200円)」ゲットすることができますので、ジャパンネット銀行の口座開設をする際は、ハピタス経由で開設することをおススメします。

ハピタスはお得なポイントサイトです。転売せどりをするのでしたら必ずハピタスを利用して、利益を上げていきましょう。ハピタスについての詳しい記事はこちらからどうぞ。

ハピタスでお得にポイントゲット!メルカリ仕入れでポイントが1.8%還元されるってよ!

事業用とプライベートの口座は分けよう

あなたがせどり転売を副業、専業でやろうと思っている場合、必ず「事業用」「プライベート用」の口座を分ける必要があります。

事業用は、ジャパンネット銀行、プライベートはゆうちょ銀行や各種都市銀行と分けた方が良いです。それには理由があります。

売り上げ、利益額の数字が明白になる

事業用とプライベート用と口座を分けることで、実際にせどりで使っている金額を可視化することで売り上げや粗利益が明白になります。

利益がどの程度でたのか明白になるので、自分でどの程度お金を使っていいのか判断しやすいです。プライベートと一緒にすると、一体いくら使えるのか分からなくなりますからね。

利益が出ているからと言って、お金を使いすぎると資金ショートになる可能性もあるので口座を分けて、事業用の数字を明白にしましょう。

確定申告が楽になる

事業用とプライベートで口座を分けることで確定申告が楽になります。逆に口座を一緒にしてしまうと、どのお金を仕入れに使ったのか分からなくなってしまいます。

確定申告を楽にするためにも口座は必ず分けましょう。

まとめ

せどりやカメラ転売でオススメの銀行口座を紹介していきました。私のオススメは「ジャパンネット銀行」一択です。

もしあなたが、未だに銀行に行って入出金をするような無駄な時間を費やしているのなら、ジャパンネット銀行に登録してインターネットバンキングを利用しましょう。ちなみに無料で口座登録できるので安心です。

手間や面倒なこともなくなり、手数料などのコストも削減できるのでオススメです。

中古せどりやカメラ転売に興味があるけど、どうやって始めるか悩んでませんか?

そこで、中古せどり、カメラ転売を初めて2ヶ月で稼げるようになった方法を分かりやすく解説した、無料コンテンツ&メルマガをご用意させていただきました。

無料コンテンツは、総数50本以上の大ボリュームの内容になっています。

「中古せどり解体新書」このコンテンツを読むことで、中古せどり、カメラ転売の基礎知識、やり方を無料で学ぶことができます。

今から、せどりを初めて稼ぎたいという方は非常に参考になる内容です。

 

無料プレゼントに申請いただきますと、アダチのメルマガに同時登録されます。

メルマガ内では、現役セラーだけが知る最新情報を共有していきますので、一緒にせどりについての最新情報を学んでいきましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です