【カメラ転売】検品清掃に必要な道具やカメラ、レンズの清掃方法を動画付きで解説!

アダチです。

仕入れたカメラが家に届いたら、検品清掃する必要があります。今回はカメラ転売での中古カメラ、レンズで検品清掃に必要な道具や清掃方法をご紹介していきます。

また、カメラやレンズを高く売るための秘伝の道具もお伝えしますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

カメラ転売に必要な2つの清掃道具(外観編)

中古カメラ、レンズの外観を綺麗にする清掃道具をご紹介します。下記の2つを用意するだけで十分です。

エアダスター

外観のホコリやレンズ表面の汚れなど、一瞬で吹き飛ばしてくれます。手動のブロワーでもホコリが除去できますが、エアダスターを使った方が楽なのでオススメです。

私は、カメラのキタムラで「Nakabayashiノンフロンエアダスター」を買って利用していますが、エアダスターなら何でも大丈夫です。600円前後で購入可能です。

ウェットティッシュ

ダスターで吹いても取れない汚れを、ウェットティッシュを使って拭きます。私の場合は、検品時全ての商品をウェットティッシュで拭いて発送しています。

ウェットティッシュだったら何でもOKです。私の場合はミューズを使っています。300円前後で購入可能です。

カメラ転売に必要な2つの清掃道具(レンズ光学編)

レンズ表面を綺麗にするために2つの清掃道具を紹介します。下記2点でOKです。

レンズクリーニングペーパー

レンズ表面を綺麗にするためには、傷をつけないように専用のレンズクリーニングペーパーを使用しましょう。私は、FUJIFILM レンズクリーニングペーパー を利用しています。300円前後で購入できます。

レンズクリーニングリキッド

レンズ表面にダスターで拭いても取れないような汚れがある場合には、クリーニングペーパーにリキッドを付けて拭いてあげると汚れが取れます。私は、「FUJIFILM レンズクリーニングリキッド 30CC LENS CLEANING LIQUID 30CC」を利用しています。

高く売るための秘伝の道具

カメラやレンズを高く売る為の私が利用している秘伝の道具をご紹介しましょう。これら道具を使うことにより、さらに高値で販売することができます。まずは下記の動画をご覧ください。

クレポリメイト ナチュラル(艶出し)

クレポリメイトは、保護ツヤ出し剤 になります。カメラのグリップやレンズのゴムが劣化して白くなっている時ってないですか?

このような状態です。白くなっていると、商品価値が下がって安価な価格でしか売れません。

カメラのグリップやレンズのゴムが白くなった部分にクロスにクレポリメイトを付けて、吹いてあげると黒色に蘇るので、高値で売ることが可能になります。

タッチアップ トヨタ 202 17013(カメラ塗装ハゲに塗る用)

デジタルカメラやフィルムカメラで塗装ハゲが酷い時ってないですか??

このように↓↓

このように塗装ハゲが酷い時は、タッチアップを使って塗ってあげると外観の印象が良くなります。もちろん、説明文にはリタッチしていることを記載しましょう。

私は、SOFT99 ( ソフト99 ) ペイント タッチアップペン トヨタ 202 17013を使用しています。

白レンズ用にタッチアップ塗料

キャノンの白玉レンズなど、塗装ハゲが酷い場合は、白レンズ用のタッチアップ塗料を塗ってあげると印象が良くなります。ヤフオク等で1,000円〜2,000円前後で売っているのでオススメです。

べた付きを除去する研磨剤 ピカール金属磨き

ピカール金属磨きは、研磨剤になりますがカメラのグリップや裏蓋のべた付き、またレンズのゴム部のべた付きを取るときは、ピカールをクロスに付けて拭いてあげるとべた付きが取れるのでおススメです。

酷いべた付きがある時は、取れない場合もありますのでご了承ください

以上がカメラ、レンズの清掃道具になります。今回紹介した清掃道具はネットでも、最寄りのカメラ店にて購入することができるのでサクッと準備してカメラ転売に取り掛かりましょう。

カメラ転売に必要な修理道具

レンズのカビを取ったり、カメラを修復する場合の修理道具をご紹介します。

レンズにカビやバルサム切れや汚れがある場合、レンズを開放して修理を行っていく場合に必要なアイテムはこちらになります。

レンズ オープナー

ジャパンホビーツール レンズメンテナンスツール

カニ目レンチ

【カメラ転売】カメラの清掃方法

中古カメラやレンズをネットや店舗で仕入れも全てが全てメンテナンスされているわけではありません。

特にヤフオクやメルカリで素人出品者から仕入れた素人出品者カメラ、レンズはホコリが付いていたり、レンズに指紋が付いていたりするので綺麗に清掃する必要があります。

この記事で綺麗にメンテナンスをして高く販売できるようになりましょう。

まずは下記のカメラ転売での清掃方法の動画をご覧ください。

カメラ外観全体

カメラの外観をウェットティッシュで拭きます。特にデジタルカメラの場合、グリップや底部に汚れが集中しているので入念に拭いていきます。

液晶画面

背部液晶場面は、指紋などが付いていたりすると印象が悪くなります。クロス等で綺麗に拭いてあげましょう。

ファインダー内

デジタル一眼カメラのファインダー内はホコリなどが混入しやすいため、エアダスターでホコリを除去しましょう。フィルムカメラも同様です。

【カメラ転売】レンズの清掃方法

レンズ外観全体

カメラと同様にレンズの外観をウェットティッシュで拭きます。特にレンズのマウント部やリング部が汚れが集中しているので入念に拭いていきます。

レンズ表面

レンズ表面の清掃は、

  1. エアダスターでホコリを除去
  2. レンズクリーニングペーパーにリキッドをつける
  3. リキッドをつけたペーパーで丁寧に柔らかく拭く
  4. 乾いたレンズクリーニングペーパーで再度拭く

このような順番で清掃していきます。

もし、エアダスターで拭くだけで綺麗な場合はレンズクリーニングペーパーで拭く必要はありません。汚れや指紋が付いている場合のみ拭いてあげましょう。

番外編

グリップやズームリングにべたつきがある場合

特に昔のカメラNikon F100やD70、Canon の昔のEFレンズに多いのですがグリップや裏蓋、ズームリングにベタつきがあって、ウェットテイッシュだけでは取れない時があります。

こういった時はピカール 金属磨きという研磨剤をクロスに付けてべた付きを取っていきます。

グリップやズームリングが経年白化している場合

カメラグリッブやレンズのズームリングが経年劣化して、白くなっているときはクレポリメイト ナチュラルという保護ツヤ出し剤を使って拭いてあげると黒く綺麗に蘇りますので、使ってみてくださいね。

まとめ

今回はカメラ転売の、、

  • 必要な清掃道具
  • 清掃方法

を解説していきました。

こちらで紹介した清掃道具、清掃方法で商品を綺麗にして、買ってもらったお客様に喜んでいただけるような商売をしていきましょう。

せっかく見つけたレンズが届いたのに、レンズが届いたのに表面にベッタリと指紋が付いていたりすると残念な気持ちになりますよね。クレームに繋がることもあるので、商品を綺麗にして商品を届けることを心がけてください。

カメラ転売解体新書と土木作業員のストーリーの電子書籍を無料で見れます。

僕は一人社長として
カメラ転売と情報発信で生計を立てています。一応、独立して10年、法人化して4年になります。

こうやって書くと、僕にはもともと才能があったとか、
運がよかったとか言われますが、
もともとは人見知りで友達は少なく、凡人以下の人間でした。

最終職歴も、手取り14万円の土木作業員でしたから。

土木作業員時代は、夢も希望もなく、
魚の死んだような目をして毎日生きていましたが

勇気を出してビジネスを始めると、
短期間で人生が180度好転したのです。

しかも、知識も人脈もない状態でビジネスに取り組んだ結果
人生逆転することができました。

そこで、僕がどのようにして、会社に
雇われず豊かに生きれるようになったのか?
をまとめた電子書籍を出版しました。

購読いただいた方からは、
「やるべきことが明確になった」
「ビジネスの仕組みが理解できるようになった」
など多くのお褒めの感想をいただいています。

さらにカメラ転売を学べる「解体新書」
を無料でお渡しします。これを見るだけでもカメラ転売が実践できる内容になっています。

メルマガ限定で今だけ無料で見れます。

電子書籍は、誰でもわかりやすくストーリー形式で
執筆したので、ぜひ一度読んでみてください。下記をクリック↓↓

 

 

 


僕の経歴はこちらをご覧ください↓↓

 

 

 

お読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です