【カメラ転売】仕入れできない理由とリサーチ方法を解説!

アダチです。

カメラ転売で仕入れは一番重要です。安く仕入れさえすれば、稼げるのですが中には、仕入れができないと嘆く声も聞こえます。それに対して私のように毎日仕入れができて、月利で50〜100万円稼ぐセラーが存在しています。

なぜカメラ転売を実践する上で、仕入れができないのか?また仕入れが中々できない方のために「店舗仕入れ」「ネット仕入れ」のリサーチ方法を解説していこうと思います。

カメラ転売で仕入れできない6つの理由

カメラ転売で中々仕入れができないという方は、6つの理由があります。仕入れに悩んでいる貴方も下記6つの理由の中に該当するのではないでしょうか?

仕入れのライバルが多い

カメラ転売を実践しているのは、あなた以外にも多くの人が実践しています。そのため安い商品は多くのセラーが狙っています。

  • ヤフオク仕入れで、数多くの商品を入札しているのに高値更新されてしまう
  • キタムラネット仕入れ or メルカリ仕入れで安い商品は、すぐにsoldoutになってしまう
  • 店舗仕入れに行ってもライバルセラーに取られてしまって安い商品が見つからない

どこに言っても、ライバルがいるのは事実です。そのため飽和していると思い込み、他に稼ぎやすい転売はないかな??と古着転売や新品せどりに移行する方もいます。

但し、他のカメラ以外の転売をやっても同じようにライバルも多いですよ。隣の芝生は青く見えると言いますがまさにその通りです。

ライバルが多いというのは、どの転売手法も同じなので、ライバルが多いから仕入れられないと言い訳するのは辞めましょう。仕入れができないのは、ズバリあなたの仕入れスキルが乏しいからです!

高額商品に手を出すのが怖い

カメラは、1万円以上の商品がゴロゴロあります。中には10万円以上の高額カメラ、レンズも存在します。そのため、仕入れにビビって中々高額商品に手を出すことができずに目の前に仕入れ対象商品を逃している可能性が高いです。

基本的に中古カメラ、レンズは単価が高めです。もちろん1万円以内のカメラでも稼げるモノは多数ありますが、薄利になる傾向があります。高額商品であれば、1品で10,000円以上の利益をゲットしやすいので高額商品も積極的にリサーチしていくことをオススメします。

ジャンルを絞りすぎている

デジタルカメラは、初心者でも扱いやすいからとデジタルカメラばかりリサーチしていませんか?人気の中判カメラばかりリサーチしていませんか?

ジャンルを絞りすぎてリサーチしても安い商品はすぐにライバルに取られてしまいますよ。仕入れ対象はカメラカテゴリー全てです。カメラ、レンズ以外にもファインダーやグリップ、スクリーンなどカメラ周辺のアクセサリーも儲かります。

ジャンルを絞ってリサーチするのではなく、全てのカメラカテゴリーが仕入れ対象という意識を持ってリサーチしましょう。

また綺麗なものだけでなく、ジャンク品、壊れているカメラ、レンズも稼げます!

↑のように壊れているジャンク品なのに3万円以上の値が付くのです。カメラカテゴリーだけでなく、状態関係なくリサーチすることをオススメします。

【カメラ転売】「ジャンク品」を制する物がカメラ転売を制する

2019年5月23日

売値相場を低く見積もりすぎている

仕入れする時に、いくらで売れるかを低く見積もり過ぎると中々仕入れができません。逆に高く見積もりすぎると、赤字になるので危険です。だから中々、店舗やネット仕入れをしても仕入れできない方がいるのです。

相場勘は綺麗事ではなく、数を売って体感で身に付けるのが一番です。数を売って、どのカメラがいくらで売れて、どの状態だといくらで売れそうかを数多く、リサーチ、販売することで相場観が磨かれていきます。

仕入れスキルというのは、商品を見て、一瞬でいくらで売れそうか判断するスキルです。そのためにも経験を積んでいきましょう。

リサーチ量が足りない

カメラ転売を甘く見て、簡単に安い商品が見つかるとお思いでしょうか?確かに経験を積んでいけば、簡単に仕入れをすることが可能です。

しかし、初心者の方は慣れていないので多くのリサーチ量をこなす必要があります。ヤフオク仕入れなら、毎日ウォッチリストに300品入れて入札をかける。

店舗仕入れなら毎日のように中古カメラ店、リサイクル店に通ってリサーチすることが必須です。仕入れられませんというのは、リサーチ量が足りないのが多くの原因です。

1つの仕入先、販路に頼っている

販路は、一つだけでなく多数持っていた方がいいです。

例えば、ヤフオクを販路としてリサーチしていて、儲からない商品でもアマゾンやEbayで販売すれば利益が出る商品は多く存在します。そのためヤフオクだけしか販路を持っていない場合、目の前の仕入れ対象商品を逃しているのです。

ちなみに私の場合、、

ヤフオク(5アカウント)
・メルカリ
・アマゾン
・EBAY

と4つの販路を使って、カメラ転売を実践しているので仕入れに困ることはありません。多販路展開して、仕入れできないを無くしましょう。

カメラ転売 店舗仕入れのリサーチ方法

カメラ転売にて、カメラを店舗で仕入れる場合のリサーチ方法を解説します。

スマホ内にヤフオクの相場を見る「オークフリー」とアマゾンの相場を見る「モノレート」アプリを入れてリサーチしていきます。

中古カメラ店でのリサーチ方法

主にカメラ専門店として、、

  • カメラのキタムラ
  • カメラのナニワ
  • レモン社
  • ソフマップ
  • じゃんぱら

が有名ですが、基本的に「C品」「D品」「ジャンク品」が安く仕入れやすい傾向にあります。中古カメラ店に行ったら、商品ジャンルではなく、状態ランクからリサーチしましょう。

カメラ店舗によっては査定が厳しく「C品」「難あり」として売られていても、実際は綺麗でネットに転売すれば儲かる商品が多くあります。

特にジャンクコーナーは、熱いので必ずリサーチするようにしてくださいね。もちろん、「C品」「D品」「ジャンク品」以外にも「A品」「B品」でも儲かる商品が多く存在します。

先日、東京に行った時にふらっとカメラのキタムラに寄りましたが、4万円以上で売れるレンズ Nikon ai-s 135mm F2を「B品」でも2万円で仕入れることができました。利益2万円ゲットです。

このように中古カメラ店は、儲かる商品があります。基本的にジャンクコーナーを中心に、全頭検索してリサーチしていくことをオススメします。

【カメラ転売】利益商品公開!店舗仕入れで初心者が稼ぐための4つの攻略法

2019年8月22日

リサイクル店でのリサーチ方法

ハードオフや地元密着型のリサイクル店でも利益商品を仕入れることが可能です。中古カメラ店と違って、リサイクル店舗はカメラの数が少ないので全頭検索しましょう。

地元密着型のリサイクル店舗は、カメラに詳しくない店員さんが査定をしているので、動作未確認として安価で販売されていることが多いです。

全頭検索を前提として、基本的に、、

  • ジャンクコーナー(特にハードオフのジャンクカメラは破格で売られていることが多い)
  • 値札が割引価格になっている

を中心にリサーチしていくことをオススメします。

先日、ふらっと寄ったリサイクルショップで仕入れた「FUJIFILM X-E1 XF 18-55mm」仕入れ価格 税込37,800円です。これはカメラとレンズをバラして、利益を取りました。

アマゾンで「FUJIFILM X-E1が19,800円」「XF18-55mmが31,800円」で売れたので手数料などを引いて、約7,000円の利益ゲットです。

カメラ転売 電脳仕入れのリサーチ方法

今回は、電脳仕入れで一番商品数が多いヤフオクのリサーチ方法を解説します。

まずヤフオク仕入れで仕入れができない場合、、

  1. 転売ヤーから仕入れようとしている
  2. ボディ単体やレンズ単品売りの商品を見ている
  3. リサーチ量が足りない

大きく2つの理由があります。

1つ1つ解説していきますね。

①転売ヤーから仕入れようとしている

転売ヤーからは、基本的に安く仕入れる可能性は低くなります。なぜなら安く買えると思って、入札していても取り消し削除されてしまうので入札しても意味がないんですよね。

また安く買えたと思っても、届いてみたら壊れている悪質な転売ヤーがいるのも事実です。転売ヤーの商品を見分けるコツとして、、

  • 商品写真が白飛びの背景
  • タイトルに「極上」「特上品」「美品」と誇張したような表現が多い

白飛びの背景写真とは、上のように綺麗に撮影されている写真のことです。慣れていけば、一目で転売ヤーの商品写真か判断できますので安心してくださいね。

↑のようにタイトルに「極上級」や「星マーク」が付いているのは、大概が転売ヤーだと判断しましょう。

たまに素人出品者を装った転売ヤーがいます。彼らは、ジャンク品と壊れているのに「動作未確認」として分からない振りをして転売しているので気をつけましょう。

このような出品者は、評価欄を見ると低評価が多く、酷評されているケースが多いので評価欄もしっかり確認しましょうね。

②ボディ単体やレンズ単品売りの商品を見ている

カメラ単体やレンズ単体で出品されている場合、大体が相場まで上がっていきます。仕入れのコツはズラしです。ヤフオク内の仕入れ対象は、、

  • ジャンク品
  • 素人出品者
  • 中途半端な価格帯で出品されている
  • カメラやレンズのまとめ売り

がヤフオクでの入札対象です。バカ真面目にデジカメやレンズを入札しても仕入れられる訳ないじゃないですか。ズラして仕入れることをオススメします。

③リサーチ量が足りない

ヤフオク仕入れは「ウォッチリストに入れる数」「入札数」が非常に重要です。極論、いえば仕入れ対象商品にひたすら入札していけば仕入れることが可能です。

仕入れられないのは、リサーチ数が少ない理由があります。最低でも1日200〜300数の入札をしましょう。

ヤフオク仕入れリサーチ方法

実際にどのようにヤフオク仕入れをしていくのか下記の方法で解説します。

ヤフオク→「条件指定」をクリック

購入方法「オークション」 カテゴリ「家電、AV、カメラ」にレ点を入れます。

商品の状態「中古」にレ点を入れて、「検索」をクリック

赤丸で囲った「カメラ、光学機器」をクリック

注目のオークションにカーソルを合わせて「入札の多い順」を選択

入札が入っているカメラカテゴリーがずらっと、出てくるので赤丸で囲ったように本日中に終了する商品に入札していきます。

入札はビットマシーンを使えば効率的に入札できるのでオススメですよ。

カメラ転売や電脳せどりでヤフオク仕入れを効率化するBidMachine(ビッドマシーン)のご紹介!

2019年10月1日

例えば、こちらの商品ですが「Nikon D7000」「レンズ(AF-S DX NIKKOR 18-300mm f/3.5-5.6G)」が出品されていますね。

オークファンで過去30日間の相場を見てみると、綺麗な状態で箱、付属品付きの「Nikon D7000」が24,000円前後、美品の「Nikon 18-300mm」が54,000円で販売されています。

ヤフオク手数料 8.8%を引きます 24,000円+54,000円×ヤフオク手数料0.088=手数料6,864円

手数料金を引いた額  24,000円+54,000円-手数料6,864円=71,176円

71,176円が手元に残ると仮定して、利益10,000円を取ると考えると61,176円まで入札していく流れです。(送料は細かいので割愛します)

邪魔な出品者は非表示にしよう

  • 転売ヤー
  • すぐ取り消しする出品者
  • 高値で販売している出品者

↑のような入札する必要がない出品者はリサーチするのに邪魔な存在でしかないですよね?

赤丸で囲った箇所をクリックすれば、その出品者が出品している商品を全て非表示にできるので、あらかじめ非表示にしてリサーチしていくことをオススメします。

実際に仕入れた商品をご紹介

私が過去に仕入れた商品です。不用品のまとめ売りをビッドマシーンで入札して、カメラ、レンズをバラして売りました。

これだけで利益25.000円の利益ゲットです!

ヤフオク以外の電脳仕入先

ヤフオク以外にも、、

  • メルカリ
  • キタムラネット
  • ラクマ
  • ハードオフ
  • 楽天
  • マップカメラ

多くの仕入先が存在するので、ヤフオクだけにこだわらずに様々な仕入先を開拓していきましょう。

カメラ以外の中古ジャンルを攻めてみる

それでも、仕入れができない、ライバルが多すぎてキツイという方はカメラ以外のジャンルを攻めてみたらいかがでしょうか?

実際、カメラ以外でも、、

  • 工具
  • 楽器
  • 車の部品
  • パソコン

など儲かるジャンルであれば、カメラだけにこだわる必要性はありません。事実私も先日、メルカリである車の部品を仕入れました。

一見すると何か分からないような車の部品でも8,000円以上の利益が取れます。カメラ以外でも様々なジャンルをリサーチしてみましょう。

まとめ

カメラ転売で仕入れできない理由と店舗、ネットでのリサーチ方法を解説しました。

飽和している、仕入れできない、稼げないというのは、どの転売でも言われていることです。こちらの記事で正しいリサーチをして、仕入れができることを期待しています。

継続していけば、月利50〜100万円稼ぐことも夢ではないですよ。

中古せどりやカメラ転売に興味があるけど、どうやって始めるか悩んでませんか?

そこで、中古せどり、カメラ転売を初めて2ヶ月で稼げるようになった方法を分かりやすく解説した、無料コンテンツ&メルマガをご用意させていただきました。

無料コンテンツは、総数50本以上の大ボリュームの内容になっています。

「中古せどり解体新書」このコンテンツを読むことで、中古せどり、カメラ転売の基礎知識、やり方を無料で学ぶことができます。

今から、せどりを初めて稼ぎたいという方は非常に参考になる内容です。

 

無料プレゼントに申請いただきますと、アダチのメルマガに同時登録されます。

メルマガ内では、現役セラーだけが知る最新情報を共有していきますので、一緒にせどりについての最新情報を学んでいきましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です