「中古せどり」カメラ転売で仕入れる「ジャンク品」についての考え方

カメラ転売において、ジャンク品を扱うことは大きく利益を出すことに大きな比重を占めます。

ジャンク品というと故障している、不良品ということで使えないものとして売られているケースが多々あります。

しかしながら、完全に壊れているわけではなく、どこかに不具合があるだけでジャンクとして売られているわけです。

実際ジャンク品として、カビやバルサム切れがあっても撮影に影響がなかったり、傷が多くても写真撮影には全く影響がない場合もあります。

そういったものを仕入れて、高く売るというスキルがあれば簡単に儲けを出すことができます。

さらにヤフオク上の顧客層は、一般のカメラ好きな方以外にも外国のバイヤー、業者さんなどいて彼らは多少のカビ、クモリならそこまで気にせず購入していきます。

または、自社で壊れたカメラ、レンズを直して売る業者もヤフオク上にはいるわけです。

だからこそジャンク品でもそれなりの額で売れていくのですね。

下記動画からジャンク品の種類を解説していますのでご覧ください↓↓

ジャンク品について解説「カメラ編」

ジャンク品について解説「レンズ編」

ジャンク品の相場を調べる方法

仕入れ対象は、どこが壊れていようとも相場よりも安ければ仕入れ対象品になります。

ジャンク品はジャンク品でも、相場価格というものがあります。オークファンで仕入れ対象のカメラレンズのジャンク品の状態の相場値と見比べてそれよりも安ければ仕入れ対象になります。

オークファンで仕入れ対象のカメラレンズのジャンク品の状態の相場値と見比べてそれよりも安ければ仕入れ対象になります。

こちらはジャンク品の相場を調べる方法です↓

 

ジャンク品を極めるとジャンク品だけでも万単位の利益を出すこともざらです。

ジャンクを制すものは、カメラを制します!!

もちろん出品ページには、その不具合の箇所をしっかり記載することを忘ないようにしましょう。

たまに壊れているのを隠して出品したりするバイヤーさんもたまにいます。たしかに稼げるでしょうが、クレームに繋がります。

それにより悪い評価をつけられて自分の出品ページからは入札が減少し、その結果カメラ、レンズが思ったような額で売れていかない状況に陥ります。

精神衛生上、こんなことして稼いだとしても良くないですよね?

真っ当な商売をして利益を上げていきましょう!

カメラ転売解体新書と土木作業員のストーリーの電子書籍を無料で見れます。

僕は一人社長として
カメラ転売と情報発信で生計を立てています。一応、独立して10年、法人化して4年になります。

こうやって書くと、僕にはもともと才能があったとか、
運がよかったとか言われますが、
もともとは人見知りで友達は少なく、凡人以下の人間でした。

最終職歴も、手取り14万円の土木作業員でしたから。

土木作業員時代は、夢も希望もなく、
魚の死んだような目をして毎日生きていましたが

勇気を出してビジネスを始めると、
短期間で人生が180度好転したのです。

しかも、知識も人脈もない状態でビジネスに取り組んだ結果
人生逆転することができました。

そこで、僕がどのようにして、会社に
雇われず豊かに生きれるようになったのか?
をまとめた電子書籍を出版しました。

購読いただいた方からは、
「やるべきことが明確になった」
「ビジネスの仕組みが理解できるようになった」
など多くのお褒めの感想をいただいています。

さらにカメラ転売を学べる「解体新書」
を無料でお渡しします。これを見るだけでもカメラ転売が実践できる内容になっています。

メルマガ限定で今だけ無料で見れます。

電子書籍は、誰でもわかりやすくストーリー形式で
執筆したので、ぜひ一度読んでみてください。下記をクリック↓↓

 

 

 


僕の経歴はこちらをご覧ください↓↓

 

 

 

お読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です