せどりの出品で外注化の必須ツール!ドロップボックス Dropboxのご紹介

こんにちは、アダチです。

せどりの出品作業を外注化する時の便利なツール「ドロップボックス Dropbox」はご存知でしょうか?ドロップボックスは、中古品を出品外注する上で必須ツールです。

こちらでご紹介しますので使いこなして、ご自身の出品外注化に役立ててくださいね。

ドロップボックス Dropboxとは

ドロップボックスは、簡単にいうとフォルダを共有できるツールのことです。パソコンやスマホなど手元にあるデバイスとは別のところ(Dropbox のサーバー)にデータを保存することができます。

中古せどりで言うと、自分で撮影した商品写真や、委託業者が撮影した写真データをもらって、出品担当の外注さんに送る時、メールなどで送るのではなく、Dropboxで共有することで手間がかからず効率的です。

ドロップボックス Dropboxで出品を外注化

例えば、私の場合だと、、

  1. 委託している業者さんに商品を納品
  2. 委託業者に商品写真を撮影してもらい写真データを送ってもらう
  3. 写真データと出品テンプレをDropboxで外注さんと共有
  4. 出品担当の外注さんがDropboxで共有されたデータを元に出品していく

Dropboxを共有することにより、簡単に写真データを共有することができます。

ドロップボックス Dropboxでフォルダ共有方法

メールアドレスとパスワードを登録して、Dropboxにログインします。また外注さんとDropboxを共有できるように、外注さんにもDropboxを登録してもらいましょう。

赤い枠で囲った「新しい共有フォルダ」をクリック

「新しいフォルダを作成し共有する」を選択して、次へをクリック

  1. フォルダ名・・区別しやすいようにフォルダ名を入れます
  2. 宛先・・共有できるようにDropboxで登録してもらった外注さんのメールアドレスか名前を入れます

これで外注さんのメールアドレス宛てにDropboxが共有された主のメールが届きます。これで自分と外注さんとでDropbox上でフォルダを共有できるようになりました。

ホーム画面に戻って、左側の「自分のファイル」をクリックすると、共有ファイルが出てきました。

共有ファイルにカーソルを当てて、「共有」をクリックすると、自分とファイルを共有している方のメールアドレスや名前が出てきます。ファイルがしっかりと共有されているか確認しましょう。

ファイルをクリックして、フォルダを共有していきましょう

データをDropboxのフォルダ内にドラッグ&ドロップするだけで簡単に共有が可能です

今回は、外注委託業者から送られてきた写真フォルダをドラッグ&ドロップして、共有フォルダに入れました。この時点で、共有している外注さんからもDropboxでデータ共有されます。

写真フォルダを開くと、写真データが1枚、1枚出てきます。私の場合、外注さんもこの写真を使って、ヤフオク、EBAYなどに出品してもらいます。

写真データと共にスプレットシートの出品テンプレをセットにして、Dropboxで共有することによって、外注さんはDropboxを開いて出品してくれるというわけです。

まとめ

出品を外注化する時は、このようにDropboxを利用してデータ共有して、効率的に外注化していきましょう。

1200円で発売中の書籍を無料で読めます

僕は土木作業員を退職後、海外に逃亡して
その後、カメラ転売に出会って独立起業しました。

さらにウェブマーケティングを学び
現在は、独立10年 法人5期目の一人社長として活躍中。

ブログに書けない話は無料メルマガで発信しています。
年収1億の起業家から学んだ「個人がネットを使ってを収益化して資産を作る方法」や
個人や企業が売上アップさせるためのヒントになる情報を発信しています。

無料メルマガにご登録いただいた方に、期間限定で
「ビジネス」の全体像がわかる電子書籍(凡人の成功法則)をプレゼントしています。

メルマガ限定で今だけ無料で見れます。

電子書籍は、誰でもわかりやすくストーリー形式で
執筆したので、ぜひ一度読んでみてください。下記をクリック

↓↓

 

 

 


僕の経歴はこちらをご覧ください↓↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です