法人化したら、仕入れで法人カードは必須!せどり(転売)でオススメの法人カード(ビジネスカード)をご紹介

アダチです。

せどり物販ビジネス、またはネットビジネスで収入が多くなってくると節税面で法人化する方もいるでしょう。私自身も、融資面で優遇されるといった理由から1年前から法人化しています。

法人化したら、今まで利用していた普通のクレジットカードから法人カード(ビジネスカード)に変更する必要があるのを知ってますか?今までの個人カードでは通用しません。

今回は、私自身が使っている審査が通りやすいオススメの法人カード、メリット、デメリット面を解説していきますね。

法人カード(ビジネスカード)と個人カードの違い

法人カードは、経費の支払いを目的に作られています。法人カードは事業用のクレジットカードなので、個人用のクレジットカードに比べてビジネス面で使いやすいように考えられています。

主な違いは、、

  • 利用限度額が多い
  • 会社名義で契約(法人用口座を連携)
  • キャッシング機能がない
  • 法人用カードのみのサービスがある

基本的に、法人カードは、会社名義として利用することを前提としているので仕事以外でのプライベートの買い物と混同しないようにしましょう。個人カードは、貴方が普段利用しているクレジットカードと認識すれば良いです。

法人化したら法人カード(ビジネスカード)を使う理由

法人になるとクレジットカードでも「ビジネスカード」と言ってビジネス用のクレジットカードを作る必要があります。

法人化をすると、税務面で税務署から個人事業の時よりも厳しく監視されます。個人費用と事業経費を分けないで、ゴチャゴチャにして確定申告をすると、個人利用と会社経費の支払いが分からなくなります。

私の税理士さん曰く、プライベートで使っているのか、ビジネスで使っているのかを明白にするためにビジネス用の法人クレジットカードを新たに作らないといきなり国税に検査に入られて、払う必要のない税金(追徴課税)を払う羽目になるとのことです。

特に仕入れをする転売せどりビジネスはついついプライベートの買い物とゴチャゴチャになりがちですよね。最悪の事態を防ぐため、法人化したら法人用の銀行口座を開設して、法人カードを作って連携して、個人と会社の支払いを分けるようにしましょう。

せどりで使う法人カード(ビジネスカード)のメリット

経費精算が楽に

法人カードを使うことによって、個人プライベートと会社の支払いを明確にします。個人カードの場合だと、精算書と領収書をひとつひとつ目視で確認しながら、経理ソフトに入力する必要がありますが、法人カードで決済すればいつ・どこで・いくら使ったか可視化されるので経費精算がしやすいという利点があります。

公共料金や通信費などの固定費にもポイントがつく

法人カードは、経費の支払いを目的に作られています。よって、仕事で使う水道光熱費などの公共料金や通信費などの固定費にもポイントがつきます。継続的に支払いがある固定費にポイントが付くので自動的にポイントが付加されます。

利用限度額の上限が高い

個人と法人では当然、利用する金額が異なります。個人向けのクレジットカードよりご利用限度額の上限を高く設定することができます。

せどり転売では、資金があればあるほど優位に働きます。セラーさんはクレジットカードを何枚も持って仕入れをしている人がいますが、上限額が高い法人カードを使えばクレジットカードを何枚も持つ必要はありません。

私自身も個人事業主時代は、クレジットカードを5,6枚使って仕入れをしていましたが、法人化した今は2枚の法人カードのみで仕入れをしています。

せどりで使う法人カード(ビジネスカード)のデメリット

審査が通りずらい

法人カードは、個人カードと違って審査が通りずらい印象があります。カード会社は、会社の実績を見て、信用がある会社かを判断してカードが支給されます。普通のクレジットカードのように誰でも簡単に法人カードを取得できるとは限りません。

ポイント付かない

カード会社によっては、法人カードの場合はポイントが付かないカード会社が存在します。ほとんどのセラーが仕入れで何百万と使うのに、ポイントが付かないのは年間で多くの額を損失することになります。

法人カードを作る前には、必ずポイント付与があるかどうかを確認しましょう。

法人カード(ビジネスカード)を作る上での3つのポイント

申請が通りやすいか?

クレジットカードの会社にとっては、中々審査が通らない、紹介がないと申請できないというクレジットカード会社もあるので初めは比較的誰でも簡単に申請が通りやすいクレジット会社を選びましょう。

限度枠は十分あるか?

物販ビジネスをする場合は、使用金額限度は多いに越したことはないので限度額を多めに設定できるクレジット会社を選ぶことが必須です。最低でも上限が300万円ある法人カードを使えば、何枚もクレジットカードを使い回す必要はありません。

ポイントは付くのか?

基本的にクレジットカードでを仕入れで使うとポイントが還元されます。しかし、法人ビジネスカードにした途端ポイントが付かなくなるクレジットカードもあります。

私自身、個人事業主時代は、ライフカードを使っていたのですが、法人化をして法人カードにした途端、ポイント付与がなくなりました。

個人カードの場合はポイントが付与されるが、法人カードの場合だとポイントが付かないカード会社があるので、ポイント還元がある法人カードを選ぶことをオススメします。

せどり(転売)ビジネスでオススメの法人カード、ビジネスカード

私自身が今現在使っていて、審査が通りやすく、ポイント付与があるオススメの法人カードをご紹介しますね。

楽天ビジネスカード

  • 年会費2,000円(税抜)
  • ポイント還元率1%
  • 限度額300万円

楽天ビジネスカードは、比較的審査は通りやすいです。普段から楽天カードを利用している方は、法人カードを作る時、スムーズに審査が通ります。

私自身、個人事業主時代からずっと楽天カードを使い続けてきたのでビジネスカードに移行するときは、すぐに審査が通りました。

ポイント還元率が1%ということで、仕入れで毎月数百万円分をカード決済すると何万分のポイントなんてすぐに貯まります。また、楽天市場内で商品を購入するとポイント還元率が最大5倍になります。

楽天ポイントマラソンなどのポイント還元キャンペーンも定期的に行われているので、楽天カードを利用することで大きな見返りを得ることができます。

私自身も、楽天ビジネスカードを利用して毎月30,000〜40,000ポイントを貯めています。このポイントは、楽天市場内にて日用品、飲料水などを使っています。

おかげさまで毎月の飲料水、生活用品分は毎月ポイント分で実質無料です。

それにしても今まで、通算獲得ポイント「731773ポイント」って良く貯めたなって自分でも感慨深いものがありますね。クレカのポイントってほんまにデカイですね。

EX Gold for Biz M iD×QUICPay(オリコカード)

  • 初年度年会費無料 2年目移行は2,000円(税抜)
  • ポイント還元率0.50%
  • 限度額300万円

「オリエントコーポレション」が発行するビジネスカードになります。比較的審査が通りやすく、尚且つオリコポイントとして還元されますので、法人なりたての方はオススメです。

ちなみに、個人事業 or  サラリーマン時代から使用していればビジネスカードに移行する時も比較的審査が通りやすい傾向にありますので法人だろうが、個人だろうが、副業だろうがオリコカードは持っておいた方がいいですよ。

還元された「オリコポイント」は、アマゾンギフト券、UCギフトカード、飛行機のマイル等に還元できます。私自身、1年分の「オリコポイント」をUCギフトカードに全て還元しました↓↓

1年貯めると結構な額になりますよね。何かの記念日にポイントで貯めたギフトカードを渡しても喜ばれますしね。

まとめ

せどり(転売)ビジネスでオススメの法人カード、ビジネスカードをご紹介しました。

仕入れをする上でポイントはデカイし、ポイントで何かを買うと物凄く特した気分になるので必ずポイント還元があるビジネスカードを選択しましょう。

中古せどりやカメラ転売に興味があるけど、どうやって始めるか悩んでませんか?

そこで、中古せどり、カメラ転売を初めて2ヶ月で稼げるようになった方法を分かりやすく解説した、無料コンテンツ&メルマガをご用意させていただきました。

無料コンテンツは、総数50本以上の大ボリュームの内容になっています。

「中古せどり解体新書」このコンテンツを読むことで、中古せどり、カメラ転売の基礎知識、やり方を無料で学ぶことができます。

今から、せどりを初めて稼ぎたいという方は非常に参考になる内容です。

 

無料プレゼントに申請いただきますと、アダチのメルマガに同時登録されます。

メルマガ内では、現役セラーだけが知る最新情報を共有していきますので、一緒にせどりについての最新情報を学んでいきましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です