本せどりってどうなの?新品せどり・カメラ転売と徹底比較!!

アダチです。今回は、本せどりについてを記載していこうと思います。

結構、twitterを拝見していると、本せどりを実践している方が多い印象を受けました。

私自身、せどりを始めた時から、本せどりは存在は知っていたのですが、ビームを使った行為は周りの客に迷惑をかけるとしてブックオフ等ではせどりしている人は注意勧告を受けることが多くなったため撤退する人が続出したのを聞いたことがあります。

それから数年、以外にまだやっている人もいて、新規参入する人、本せどりをやろうと思っている人が多いことが驚きでした。

本せどりをこれから副業などでやろうと思っている方は、他の新品せどり・中古せどり(カメラ転売)と比べてどっちがいいのかと悩まれているのではないでしょうか。

今回は、本せどりについて、他の転売手法を比較してどれが一番稼げやすいのかを解説していきます。本せどりをやろうと悩まれている方は是非参考にしていただければと思います。

本せどりとは

本せどりとは、ブックオフなどの古本屋に行って、ひたすらアマゾンよりも安い価格の商品を仕入れて、高く売る手法になります。

販売先のほとんどは、アマゾンで1個売れたら500〜1000円の利益をひたすら積み上げていく感じです。バカでもできる「せどり転売」ですが、その中でも本せどりは圧倒的に簡単に簡単に稼げる手法だと言えます。

特にプレ値が付いている古書やセット本などは、たまに1品で10000円以上のの利益が出ることもありますが、ほとんどは利益500〜1000円の利益を積み重ねていく薄利多売手法になります。

主な仕入先と仕入れ方法

主な仕入先は

  • ブックオフ
  • 古書屋
  • ヤフオク、メルカリ
  • その他/駿河屋、近隣の古本屋

本を扱うせどらーさんは「ブックオフ」を仕入れ先として活用しています。仕入れ方もシンプルで、本のバーコードをスマホ内の仕入れツールにかざすとアマゾンの相場が出て、それよりも安ければ仕入れるというやり方です。

ヤフオクやメルカリを使っての電脳仕入れも、ネット上にアマゾンよりも安い商品を仕入れていきます。狙い目は、出品者が不用品としてまとめて本を出品している場合です。

まとめて安く仕入れて、それをバラバラにして売って利益を稼ぐというやり方になります。

本せどりのメリット

本せどりのメリットはずばり、誰でも簡単に稼げるということでしょう。仕入先は、全国にある「ブックオフ」または「ヤフオク/メルカリ」で安いのがあったら仕入れて、アマゾンに出品する。

これだけで稼ぐことができてしまいます。多くの額を稼ぎたいなら、仕入先を増やす、仕入れ時間を増やすことで販売個数を積んでいくことで利益をあげることが可能です。

副業で月5〜10万円程度稼げて、単純作業も苦ではない、店員の目が気にならないというのであれば魅力的な転売手法だと言えます。

本せどりのデメリット

デメリットは、薄利多売・・。これに尽きますね。

先日、twitter上でこのようなツイートが流れてきました。

1泊2日でプチ遠征しました

冊数:約1300冊
仕入:12万
見込粗利:11万

量も額も過去最高でした。
抜け巻集めて、GW明けに発送します‼️

明日配送サービス使った分が届くので明日から地獄の検品、梱包始めます

思わず、1300冊仕入れて、利益がたったの11万円?と目を疑いました。しかも、検品、梱包も1300冊分ご自身でやられるとのこと。

1300冊分の検品、梱包、発送をして利益が11万円というのはあまりにも厳しいだろとツッコミを入れたくなりましたが、これが薄利多売の現実です。

あとは、ブックオフはライバルが多いので、安い商品は取り合いになるデメリットも考えられますね。また店員に転売を注意されることもあるそうです。簡単に稼げる反面ある程度のメンタルは必要ですね。

新品せどりと本せどりを比較

新品せどりといっても、「電化製品」「工具」「おもちゃ」など扱う商品は多岐に渡ります。王道はやはり電化製品ですが、ヨドバシカメラなどの大型量販店に出向いて、安い商品を仕入れて、アマゾンでFBA納品するのが主流なやり方になります。

新品せどりのメリット、デメリット

商品ジャンルによりますが、電化製品だと1品で10000円の利益を出す商品もあります。型落ち品や廃番品は量販店に安く売っていることもあるので仕入れることができればチャンスです。

また、店員さんと仲良くなったりすると、安い商品情報を教えてくれることもあります。私の知人では、いろんな電気屋を巡って利益200万円程度稼ぐ人もいるくらいです。

デメリットとしては、アマゾンの規制が厳しくなり今まで新品で出品できていたのが、一度人の手に渡ったものだと「新品」として出品できなくなってしまったことです。

商品を販売する時に卸業者のAmazonから請求書を提出しないと出品できなかったり、そもそもアマゾンに出品規制があるメーカーもあるくらいです。

年々アマゾンの規制が厳しくなっている傾向にある中、ライバルセラーが多数いるので商品によっては価格競争の飽和状態になることも少なくありません。新品せどりを撤退して、中古品や輸入、輸出転売に移行しているセラーも増えています。

「新品せどり」と「本せどり」どちらがおすすめ?

どちらが良いのか悩まれている方は、本せどりより「新品せどり」をおすすめします。

本せどりは、本というジャンルに縛られている、尚且つ仕入先もブックオフがほとんどいう現状です。しかも、1個売って500〜1000円しか利益が残らない。しかも中古の本の場合は、検品もする必要があります。

新品せどりでしたら、検品も必要ありません。プリンターなど電化製品が新品せどりの王道と言われていますが、他にもおもちゃや工具など商品ジャンルはあります。

仕入先もコストコ、イオン、カインズホームなど多岐に渡ります。しかも、3000円以上取れる利益も多くあります。「本せどり」も「新品せどり」も仕入れて売るということは変わりません。

しかし、同じ労力をかけるなら利益が大きくて、検品の手間もかからない「新品せどり」の方が良いでしょう。

「中古せどり・カメラ転売」と「本せどり」を比較

中古せどりは、名前の通り「中古品」を扱って転売する手法のことを言います。カメラ転売も中古せどりになりますね。

仕入先は、店舗だとハードオフや地域のリサイクルショップ、ネット上だとヤフオク、メルカリから仕入れをしていきます。販売先は、アマゾン、ヤフオク、メルカリ、ebayとどこで出品してもOKです。

商品ジャンルは、人気のものだとカメラや楽器類ギター、工具やアンテイーク食器など多岐に渡ります。中古品なのでアマゾンの規制に怯えることもありません。

プラットフォームの規制にそこまで影響しないので、長く稼ぎ続けられる転売手法になります。実際、アダチ自身も中古カメラを扱って8年間稼ぎ続けられています。安定感は抜群の転売手法です。

中古せどりのメリット、デメリット

中古せどりのメリットはなんといっても、利益額の高さでしょう。1品売って3000〜5000円は当たり前で、場合によっては3万〜10万円の利益が出ることも多数あります。

利益額が高いので、他の薄利多売の転売のように1品売って500円〜1000円の利益額ではやってられなくなります。中古品せどりは、利益500〜1000円て利益がないに等しい感覚ですからね。

また、中古品は難しそう、面倒という理由で新品せどりよりライバルが少ない傾向にあります。1品1品状態が違うのでアマゾンのように値下げ競争になることはありません。

その反面、中古品は1品1品検品をする手間もあるので、手間がかかります。仕入れもそれなりの相場観が必要なので仕入れができないと嘆く人も多いです。

中古品なので、検品ミスで壊れていたとクレーム返品が起こる可能性もあります。しかし何回も販売していけば、商品知識が付いてくるので検品ミスやクレームも無くなってきます。

「中古せどり・カメラ転売」と「本せどり」どちらがおすすめ?

結論として、「中古せどり・カメラ転売」をおすすめします。

「中古品せどり」も「本せどり」も中古本を扱うので、仕入れ、検品、発送などの作業をする労力は同じです。

同じ労力をかけるなら、1品あたりの利益が高い方が良いのは当たり前ですね。中古せどりでしたら、1品あたりの利益が5000円以上は取れるので副業で10万円稼ぐなら20個仕入れて売るだけで達成することができます。

本せどりなら、その何十倍の個数を仕入れて売る必要があります。

また、中古せどりは、ネット上の仕入れができるので完全在宅でも稼ぐことができます。わざわざ店舗に行く必要もありません。

本せどりという「本」というジャンルにとらわれないで、中古品全体を扱っていけば仕入れに困ることはないですよね?扱うジャンルを増やしていけば、1つのジャンルに囚われる必要もありません。

以上のことから圧倒的に「本せどり」より「中古せどり」をお勧めいたします。

「本せどり」「新品せどり」「中古せどり」それぞれの稼げる上限額は?

それぞれの稼げる上限額を副業、専業に分けて述べていきます。

  • 本せどりの場合 副業月利10万円 専業月利50万円
  • 新品せどりの場合 副業月利50万円 専業月利150万円
  • 中古せどりの場合 副業月利30万円 専業月利200万円

資金によりますが、それぞれ稼げる額がこの程度でしょう。もちろん、住んでいる地域や手法、外注の有無などそれぞれ異なりますのであくまで参考としてお考えください。

「本せどり、新品せどり、中古せどり」どれが一番良い?

今回は、本せどりとその他「新品せどり」「中古品せどり」を比較していきました。

果たして、これらのせどり手法のうちどれが一番いいのかと思われるでしょうが、私は「中古せどり」が一番おすすめだと思います。

ポジショントークではなくアダチ自身の本心です。なぜかというと、最近本当にアマゾンの新品規制が厳しく、メーカー規制の商品を出品するとアカウント停止になることがあるからです。

そのため、国内転売で「新品:を扱っていた人は昔よりも稼げないと撤退する人も多く見られます。

その反面、中古せどりは、検品などの手間があるデメリットがありますが1点もので、中古品なので規制に怯える必要もありません。商品知識や相場観さえ掴めば副業で月収30万円は十分達成可能な金額です。

私自身も安定して、稼ぎ続けられていることから安定感も抜群です。専業になれば100万円も超えることが可能です。以上のことから「中古品せどり」をおすすめします。

中古せどりやカメラ転売に興味があるけど、どうやって始めるか悩んでませんか?

そこで、中古せどり、カメラ転売を初めて2ヶ月で稼げるようになった方法を分かりやすく解説した、無料コンテンツ&メルマガをご用意させていただきました。

無料コンテンツは、総数50本以上の大ボリュームの内容になっています。

「中古せどり解体新書」このコンテンツを読むことで、中古せどり、カメラ転売の基礎知識、やり方を無料で学ぶことができます。

今から、せどりを初めて稼ぎたいという方は非常に参考になる内容です。

 

無料プレゼントに申請いただきますと、アダチのメルマガに同時登録されます。

メルマガ内では、現役セラーだけが知る最新情報を共有していきますので、一緒にせどりについての最新情報を学んでいきましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です