中古せどり・中古転売・物販で利益10万円を毎月維持するために必要な資金はどれくらいか?

アダチです。今回は、物販で必要な資金について書いていきます。

まず物販せどりビジネスをやるからには、無在庫転売だろうが、有在庫転売。輸入、輸出だろうが資金は最低限必要です。

あなたがこれから「せどり転売」をするのにどれくらいの資金があれば実践できるのかと検索して、こちらの記事に辿り着いたのかと思われます。

今回は、私の場合(専業)と、物販で月利10万円程度稼ぐ場合の必要資金について解説していきます。

必要な資金の考え方

物「せどり」で使う資金は、仕入るもの商品だけではなく、せどりを始める上で準備するものにもお金がかかります。

準備するもの

アマゾン月額料金 462円

EBAY月額料金 27.5ドル(約2900円)

ヤフオク月額料金 462円

仕入れツール 5000〜10000円

梱包材(ガムテープ、ダンボール、緩衝材) 約5000円

車、交通費 場合による

パソコン、ネット回線代金 月々4000円

ずらっと、並べていきましたが「アマゾン」「ヤフオク」「EBAY」を販路にすると月額料金が発生します。

Yahoo!プレミアム会員費は月額金462円、アマゾンプライムは月額金3900円、EBAYは、27.95ドル(ベーシックプランの場合)と出品させてもらうために月額費用を払う必要があります。

ヤフオクの462円というのは圧倒的に安いですね。この価格で、販売できるのはありがたいことです。ちなみにメルカリは2019年現在無料です。もしかしたら、今後月額という形で課金しないと出品できないようになるかもしれません。

その他にも、ツールを使って仕入れや販売をする場合は、ツール代金(だいたい相場として、5000〜10000円)、商品を梱包するための梱包材、店舗仕入れの際での車や交通費も必要になります。

資金は、仕入れ資金だけだと勘違いしがちですが、「せどり転売」をするために準備するものがあります。これら費用も頭に入れて「せどり」に取り組んでいきましょう。

コンサルティングや教材を購入するとさらに資金がかかります

せどり転売をする時、独学でやるのは難しいからと教材や高額塾、コンサルテイングを受けるとさらにお金がかかります。

教材や高額塾、コンサルテイングの大体の相場がこちら

教材 10000〜25000円

高額塾 150000〜500000円

コンサルテイング 300000〜500000円

結構お金がかかりますね。しかしながら、私は「せどり転売」で教材を買うことを否定しません。

初めのうちは、ヤフオクやアマゾンの登録の仕方、相場の見方もわからないので独学でやると結構な率で挫折します。もちろん、独学で稼げる人もいるでしょうが、少数だと思います。

それだったら、初めは高いかもしれないですが、教材や塾に投資するのも十分ありだと思います。もちろん、しっかりとした教材、塾に投資することが前提になりますが。

お小遣い程度の5万円〜10万円程度稼ぐ程度で、高額塾や30万円以上のコンサルを受ける人がいますが、仕入れる資金はありますか??

本来稼ぐべき大事な仕入れ資金を塾やコンサルに投資する人が多く見られます。それでも資金がなくならないというのでしたら良いのですが仕入れ資金を圧迫してしまうということでしたら、まずは安価な教材から投資することをおすすめします。

無在庫販売で月収10万円稼ぐ場合、資金はいくら必要か?

無在庫販売とは、在庫がない状態でヤフオクやアマゾン,EBAYに商品を並べて、売れたら仕入れるという手法です。

商品が売れてから、仕入れるので資金が無くてもできると言われています。しかも、結構な額を上乗せして転売しているので利益率も30-50%程度の高利益率が魅力です。

在庫を持たないので資金は必要ないのでは?と思われる方もいるでしょう。しかし、中には返品クレームや、売れてからキャンセルされてしまうとせっかく仕入れた商品が不良在庫になってしまいます。

ですので、保険として「20万円」程度は手持ち資金として持っておいたほうが良いというのが私の感想です。

また、無在庫転売は、売れたとしても仕入れる商品が品切れになると「キャンセル」をする必要があります。キャンセルが多くなるとアカウント停止、削除の措置を取られることもあるのである程度のリスクは覚悟したほうがいいでしょう。

有在庫販売で月収10万円稼ぐ場合、資金はいくら必要か?

有在庫転売とは、名前の通り在庫をもっての転売手法です。有在庫転売は、「新品」「中古」とありますが今回は、新品を扱う上での必要資金、中古を扱う上での必要資金を述べていきます。

有在庫「新品」の場合

場合によりますが、新品の利益率は大体10%程度と言われています。

100000円仕入れで10000円の利益 ということは利益100000円稼ぐには売り上げが100万円必要になりますね。

新品は商品が売れる回転率が早いので、売れるものは出品してから1週間以内、長くても1ヶ月以内で売れることを想定しています。

1ヶ月で100万円の売り上げを作るには、1週間で25万円を売り上げる必要がありますね。1週間で売り切れることを前提とすれば資金25万円で稼げますと言いたいところですが、売れ残り、返品などを考えると倍の50万円」は必要資金として準備したほうが良いでしょう。

有在庫「中古」の場合

アダチが現在行っている中古有在庫の場合は、利益率が20%前後です。

100000円仕入れで20000円の利益 ということは利益100000円稼ぐには売り上げが50万円必要になりますね。

中古は仕入れスキルや商品によって、販売回転速度が異なりますが、大体仕入れて出品してから1ヶ月以内に売れていきます。

そう考えるとこちらも「50万円」あれば十分利益10万円は稼ぐことが可能です。もちろん、中古せどりの手法や商材も異なるのでもっと仕入れ金が少なくなく月利10万円稼ぐことも可能です。

甘く見ても、資金50万円あれば十分月利10万円稼ぐことはできます。厳しめにみて販売回転を上げていけば、資金30万円でも十分達成可能です。

アダチの場合(専業で月利100万円)

アダチが「せどり」を始めた時は資金20万円をぶん回して、月利30万円を達成しました。ちなみに商材は「中古カメラ」ヤフオクで3日間1円オークションで売り切って、売ったお金を資金に回してどんどん膨らませていった経緯があります。

ちなみに今の時代1円オークションで中古カメラを売り切るという手法は稼げにくい傾向があるので、ヤフオク、アマゾン、メルカリと併売して資金回転をよくする必要があります。

私がせどり資金を増やすためにしたことは3点あります

親から借りる

さらに売り上げを増やしたいと思った時に、頼ったのが親です。

私の場合は、せどり当初親から、50万程度借りた過去があります。よくこれから転売という怪しげな仕事に親がお金を貸したものだと不思議に思うのですが簡単に借りることができました。

これは人それぞれだと思いますが、理解のある親だったら少しくらいは援助してくれるでしょう。プライド関係なく資金ないのでは稼げないので、借りれる可能性があるのなら借りちゃった方がいいです。

クレジットカード

クレジットカードで仕入れるとポイントが貯まる、支払いと遅らせるということでクレカを利用して仕入れるようになりました。

当時は、2枚の上限50万円のクレカを利用して、仕入れをしていきました。特に何も考えずに2枚のクレカ枠いっぱいに仕入れて、1週間以内で売り切り、クレカ支払い日までに資金回収できるように販売しました。

クレジットカードは、可視化しにくいので気がついたら、仕入れすぎて支払日に間に合わないというケースも出てきます。私もプライベート代と混合して、クレカの支払いに間に合わない時が何回かありました。

クレカを利用する時は、クレカ仕入れ資金をメモして把握する、プライベートと混合しないようにするなど徹底的に管理することをオススメします。

オススメのクレジットカードはこちらの記事にあります

せどりとは?逮捕されるってマジ?せどり歴8年の私がわかりやすく解説

融資

融資を受けるのも一つの方法です。私の場合は、毎月月商400万円 利益80-100万円稼いでいるわけですが、それなりの資金がいるわけです。月利100万円稼ぐためには、資金400万円程度あれば十分ですが、誰でも用意できるわけではないですよね。

私の場合は、「日本政策金融公庫」から融資を受けて約500万円を借りることができました。

法人で何年も物販をやってきた経緯があった経歴もあったことが評価され融資を得ることができたのが要因ですが、私の知り合いには副業でも100万円の融資を受けれたり、専業1年目でも600万円借りれることができています。

物販は形の見えるビジネスなので、売り上げ実績があるので「日本政策金融公庫」も信頼するのか融資が簡単に得ることができます。もし、仕入れ資金がどうしても必要であるならば金融機関に融資を受けてみてはいかがでしょう。

売り上げがあがると外注費も必要です

今回は、月利10万円を稼ぐ場合の必要資金を述べていきましたが、月利30万円、50万円と上がっていけば販売個数も増えていきます。

販売手法にもよりますが、納品する商品が多くなると、検品、発送が非常に手間になります。

そういう時は、外注業者やランサーズなどで主婦外注さんを雇って、分かりに発送、検品をしてもらう必要も出てきます。その時は、販売数によりますが月に20000円程度は、外注費用として発生します。

これを高いと見るか、安いと見るかですが、毎日、毎日梱包や検品を全部自分でやると消耗しますよ。月利10万円上がった時点で発送などの単純作業は外注することをオススメします。

空いた時間は仕入れに費やせば、さらに稼ぐことができますからね。

まとめ

今回は、「せどり転売」の必要資金について書いていきました。

せどりに必要な資金まとめ

仕入れ資金にもお金は必要

月10万円稼ぐなら、無在庫転売の場合 資金20万円

月10万円稼ぐなら、新品せどり「新品」の場合 資金50万円

月10万円稼ぐなら、中古せどり「中古」の場合 資金50万円

参考にしていただけると幸いです。

カメラ転売解体新書と土木作業員のストーリーの電子書籍を無料で見れます。

僕は一人社長として
カメラ転売と情報発信で生計を立てています。一応、独立して10年、法人化して4年になります。

こうやって書くと、僕にはもともと才能があったとか、
運がよかったとか言われますが、
もともとは人見知りで友達は少なく、凡人以下の人間でした。

最終職歴も、手取り14万円の土木作業員でしたから。

土木作業員時代は、夢も希望もなく、
魚の死んだような目をして毎日生きていましたが

勇気を出してビジネスを始めると、
短期間で人生が180度好転したのです。

しかも、知識も人脈もない状態でビジネスに取り組んだ結果
人生逆転することができました。

そこで、僕がどのようにして、会社に
雇われず豊かに生きれるようになったのか?
をまとめた電子書籍を出版しました。

購読いただいた方からは、
「やるべきことが明確になった」
「ビジネスの仕組みが理解できるようになった」
など多くのお褒めの感想をいただいています。

さらにカメラ転売を学べる「解体新書」
を無料でお渡しします。これを見るだけでもカメラ転売が実践できる内容になっています。

メルマガ限定で今だけ無料で見れます。

電子書籍は、誰でもわかりやすくストーリー形式で
執筆したので、ぜひ一度読んでみてください。下記をクリック↓↓

 

 

 


僕の経歴はこちらをご覧ください↓↓

 

 

 

お読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です