物販、転売ビジネスで融資を受けた話。

Pocket

アダチです。

物販、転売ビジネスにおいて資金力は、必須のスキルです。

 

よく資金が少なくてもできる等の受け売り文句で転売塾が

募集しているのを見かけますが、中身を見てみたら

確かに、小資金でもできるけど超手間がいるノウハウだったり、

アカウントリスクのある無在庫転売だったりします。

 

それならいっそ、借りちゃえばいいやんと思うのが

私の意見でございます。

たまに質問が来るのが、毎月のクレジットの払いに間に合わず転売を

やめようと思っている、やっていて資金繰りが苦しいという

ことを良く聞きます。

 

解決策は、ずばり「借りる」

これにつきます。

 

といっても、どこか知らない高金利のサラ金に手を出すのではなく、

低金利で融資を受けられる「国庫政策金融公庫」から

融資を受けることをオススメします。

 

国庫政策金融公庫とは、2008年10月1日付で設立された財務省所管の特殊会社で

国の政策金融機関になります。

「国が100%出資をする金融機関」であり、

中小企業経営者の資金調達に欠かせない存在になります。

どのように融資を受けるのか?

では、私の例でどのように融資を受けたのかを

解説していきます。

ちなみに初めにいっておきますが、700万円の融資希望でしたが、

最終的に500万円の融資に決定しました。金利は「・・・・・

 

まず、国庫政策金融公庫に連絡をして、

融資の相談をします。

その後、国庫政策金融公庫から融資を受けるための書類を

書いてくださいと郵送で送られてきますので

事業計画書、融資申込書等を記載して国庫政策金融公庫に送ります。

 

後日、国庫政策金融公庫から連絡が来て、面談の日程を決めます。

面接では、希望融資額、どのようなビジネスをしているか、

なぜその融資額が必要なのかを聞かれましたね。

ちなみに、書類に販売しているところはどこですか?と記載するところが

あったのですが、「amazon」「ヤフオク」・・これで全然いけます。

 

かっこつけてお店で物を売っていますなんていう必要はないです。

堂々とアマゾン、ヤフオクのネット販売をしていると言いましょう。

全く問題ないです。

 

ということで、希望額の700万円には届きませんでしたが、500万円の

融資を受けることができました。

 

ちなみに、年利「1.41%」で5年で完済してくれればいいとのこと。

 

以外に簡単でしたね。

一番大事なのは、事業計画書でしっかりとしたビジョンを

持って融資を受けることを伝えるということです。

ビジョンがなければ何で融資を受けるの?ってツッコまれてしまいますからね。

 

ちなみに融資を受け取る額に関しては、個人事業主の歴もあまり関係ないです。

個人事業主になりたての方が、いきなり融資700万円を受けたという例もありますので

もし資金がなくて困っているという方がいらしたら「国庫政策金融公庫」に相談して、

融資を受けることをオススメします。

 

資金がなくて、絶対利益が目の前にあるのに、仕入れられない!!

なんていうのは、本当に無駄な機会損失ですよね?

いっそ融資を受けて、転売ビジネスをしていきましょう。

 

ちなみに、副業の方でも融資は可能です。

精度の高い事業計画書、ビジョンを持っていれば

融資を受けられますので、副業、専業関係なく物販ビジネスをしていく

場合には、資金繰りに苦しむ前に融資を受けましょう。

 

参考にしていただけると幸いです。

では。

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です