いまだに起業するのがリスクで怖いという人へ

アダチです。
 
最近、寒くなってきたので今日から長袖で出勤です。
と言っても毎朝どこかのカフェでパソコンをカタカタするだけですが。
 
最近ハマってるのが「ガスト」です。
 
店内はあったかいし、329円程度払えば
ドリンクバーで飲み放題です。たった329円ですよ。
 
今も寒暖かいココアをすすりながら
ブログを更新しています。
 
ガストだとファミリー連れでうるさくて仕事できないんじゃない??
と思われるでしょうが
 
僕が贔屓にしているガストは田舎というのもあり
朝はガラガラなので、思いっきり仕事に集中できます。
 
 
ただ、これからもっと寒くなるので、朝起きるのも億劫になり、
家から出るのも辛くなるでしょう。
 
そんな時はベッドを机代わりにして、適当に椅子を持ってきて
寝室が職場に切り替わります。起きた場所が職場に切り替わるのです。
 
ちなみに去年の冬は朝が寒すぎて、朝は閉じこもってベッドで作業をしていました。
 
 
こんな生活をしていると知人から
羨れを抱かれることも少なくありません。
 
それなら起業すれば??と提案するのですが
大抵の人は、「起業=リスク」と捉えて行動しません。
 
うーん、起業してみて思うことですが、
別に起業ってリスクないし、ハードルも高くないですよ。
 
 
僕自身、今まで負債を抱えたこともないし
倒産の危機に陥ったこともないです。
 
自分で稼がないとお金が入ってこないので
不安なこともありますが
ある程度、ビジネスを仕組み化しているので、
 
寝ていても遊んでいても
数十万円は毎月入ってきます。
 
だからそこまで不安やストレスというのはありません。
 
むしろ、土木作業員のときは、今日は誰と一緒に
現場に行くのかなー、嫌な先輩と当たったら嫌だなーと
毎日寝る前は不安でした。
 
嫌な先輩と一緒の現場だと一日中、憂鬱な気分になるし
ストレスも半端ないし
そう考えると、起業した今の方が圧倒的にストレスフリーです。
 
 
 
だから「今の現状が辛いです」とサラリーマンの方から
メルマガ経由で連絡をいただくと、
「じゃあ辞めて起業しちゃえばいいじゃない」
と僕は即回答します。
 
ただ「起業=危険」という風潮がまだ根強いので
一歩踏み切れない人もいますね。
 
SNSを見ても
 
「起業なんてするもんじゃない」
「副業しながらサラリーマンが一番だよ」
 
こんな風に起業に対してネガティブな意見が拡散されています。
 
だから起業経験がない大人が起業なんてするもんじゃないとか
やっぱりサラリーマンが安泰だよ、と
未来しかない若者の希望を摘むのです。
 
 
そして、起業未経験の人は
起業している人が勝手にすごいと思いがちです。
 
いやいやそんなことないです。
 
実際、起業していろんな人に会ってきたけど
皆、普通ですよ。僕も元土木作業員の凡人以下の人間ですし。
 
むしろ企業に勤めているサラリーマンの方が
学歴もよくて、優秀だったりします。
 
 
 
今の時代って、パソコンがあれば起業できちゃうし
社員も雇う必要もないです。
 
僕の場合は、無形の商品を扱っているので
在庫も発生しません。
 
人も雇っていないし、事務所も家賃8万円程度のマンション1室で
1人でやってるので固定費も少なく済みます。
 
リスクは無いに等しいです。
 
 
 
起業するのに1人で食べていくとして
月に30万円の利益を出すと考えても
月に30万,80万円程度なら生まれ持った素質は関係ないです。
 
成果が出る方法を学んで行動するだけで余裕で
その程度の額なら継続して収益化することは十分可能です。
 
僕自身、パソコンも持ってない
ネットの知識のない状態でここまでこれたのは
 
情報に課金をして、教材を買ったり、セミナーに行ったり
コンサルティングを受けたりして、
勉強したことを愚直に実践したからです。
 
別に難しいことしてないんですよね。本当に。
 
誰でもできることをひたすらやっただけです。
 
画期的な商品を作ったり、人を惹きつけるような
カリスマ性があれば別ですが、僕はただの
土木作業員でした。凡人以下の人間です。
 
凡人以下の人間ができることって
「愚直にやる」ことくらいですから。
 
まあ成果が出る方法を学んで愚直に実践するだけで
結果が出るネットビジネスという業界に出会って
本当にラッキーだったと思います。
 
 
あとは資金がないと起業できないって勘違いしてる人も
多いですけど、それは資金が必要なビジネスで起業しょうと
しているからですよね。
 
僕が起業のきっかけとなった(いまでもやってますが)転売ビジネスは
資金が必要です。
 
だって仕入れが発生するから。
そのためのお金がなければビジネスになりません。
 
だから当時あった貯金30万円とクレジットカード枠50万円で
転売をやりました。
 
ただ転売じゃなくても
情報発信ビジネスであれば、無形の商品を扱うわけなので
仕入れ資金は必要ありません。
 
ブログやSNSを使って、人を集めて
今まで勉強したことをパッケージ化すれば自分の商品が販売できます。
 
またいい商品(教材)だなーっと思ったら
アフィリエイトして仲介手数料を得ることもできます。
 
今だったらBrainで1万円程度の教材を買って、

紹介するだけで5000円(仲介料50%の場合)が自分の懐に入ってきます。

その教材で学んで、自分のエッセンスを加えて
オリジナル教材として販売すれば同等の1万円または値上げして3万円の
商品を作って販売することもできますね。
 
3万円の商品を毎月10人に売るだけで
月収30万円です。
 
その間、発生したお金は教材の1万円と
ブログのサーバー代1000円程度でしょう。
SNSを利用すれば無料でできます。
 
だから資金がなくても全然起業はできてしまうのです。
 
仮に商品が売れなくても
固定費は最小限なので破産のしようがありません。
リスクも皆無ですよね。
 
 
多分、起業家=リスクというイメージって
破産、没落、逮捕・・こんなニュースが毎日、流されているからだと思います。
 
もちろん、稼いだお金をキャバクラとかに散財したり
私欲に費やした人はお金がなくなって詐欺をやったり、
怪しいビジネスに手を出して逮捕されるケースもあります。
 
 
でも実際は、一度豊かになった人が
没落することって少ないですよ。
 
稼いでいる人ほど、クローズドな有益な情報が入ってくるので
さらに富を得て、どんどん豊かになっていくことが多いです。
 
近年の仮想通貨もそうですよね。
 
昔は富裕層の間でしかビットコインの情報って
流れていなかったので、いち早く情報をゲットした人は
コインの値が上がる前に買っていました。
 
仮想通貨ブームが来て一気にビットコインの値があがると
一気に売り抜け、億以上のお金を手にしたのです。
 
このように一度、豊かになったら
落ちることなく富を増やしていく人が意外と多いです。
 
 
仮に起業家として名声を得て
何かのきっかけで没落しても、ビジネス知識や経験は
消えないのでいくらでも復活できてしまいます。
 
例えばホリエモンは、逮捕されても
留置場にいながらメルマガで年間7000万以上を
稼いでいました。
 
釈放されて数年たった今では、和牛店やったり、
オンラインサロンをやったり、宇宙事業を展開されたり
出所前よりも圧倒的に活躍しています。
 
 
マネーの虎の南原さんも一時期は、
多額の借金を背負って、会社が倒産して、
ホームレス同然の生活送っていましたが
再起して、新事業を立ち上げそれが大成功。
 
現在はレンタカー事業やパーソナルジムの運営など
複数の事業を展開しています。
 
ちなみにライザップは元々、南原さんのパーソナルジムを
パクったのが初めとのこと。
 
 
こんな感じで起業家に対するニュースって、
没落していくモノが多いので危険と勘違いされがちですが
意外とそこから復活してる人が多いですよ。
 
別に今のサラリーマン生活が楽しくて
不満がないならいいですが、
今のサラリーマン生活が苦しいなら
起業にどんどん挑戦した方がいいと思っています。
 
前述した通り、今の時代の起業ってリスクもないし、
成功したら普通よりも裕福な生活も手に入ります。
 
 
だから今の時代に生きている人って
ラッキーだなと心から思いますね。
 
 
 
PS,「世界一幸せな洗濯」らしいです。
 
 
もう少しで生まれそうです。母ちゃんがんばれ!
あと少しで僕の人生変わってしまいますね。
 
子供が生まれた友人からよく聞くのが
子供が可愛くてずっと一緒にいたいということ。
 
だけど、雇われの身だと仕事が忙しくて
どうしても一緒にいられる時間が少なくなってしまいます。
 
僕にはその心配はないので、
子供が生まれたらできるだけ一緒にいようと思っています。

1200円で発売中の書籍を無料で読めます

僕は土木作業員を退職後、海外に逃亡して
その後、カメラ転売に出会って独立起業しました。

さらにウェブマーケティングを学び
現在は、独立10年 法人5期目の一人社長として活躍中。

ブログに書けない話は無料メルマガで発信しています。
年収1億の起業家から学んだ「個人がネットを使ってを収益化して資産を作る方法」や
個人や企業が売上アップさせるためのヒントになる情報を発信しています。

無料メルマガにご登録いただいた方に、期間限定で
「ビジネス」の全体像がわかる電子書籍(凡人の成功法則)をプレゼントしています。

メルマガ限定で今だけ無料で見れます。

電子書籍は、誰でもわかりやすくストーリー形式で
執筆したので、ぜひ一度読んでみてください。下記をクリック

↓↓

 

 

 


僕の経歴はこちらをご覧ください↓↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です