ライザップのビジネス戦略を解けば、後発組でも成功できる

アダチです。

 

最近、子育てに忙しく運動を怠っていて
体重を測ってみると、
何と1年前よりも5キロ増えていました。

 

ここ1年は運動もしないで
間食ばかりの自堕落な生活をしていたので
太るのも当たり前なわけで。

 

気がついたらお腹はぽっこりと膨れ上がり
昔履いていたスーツは
ぱつんぱつんに入らなくなってしまいました。

 

このままでは、ただの太った中年親父になってしまうと
危機感を募らして、パーソナルジムに通おうか検討中です。

 

やはり通うのは大手のライザップがいいかなと
色々と調べたのですが、
ライザップって実はパーソナルジム業界では
完全に後発組だったんですね。

 

それでも短期間で一気に
パーソナルジムを流行らせたのは
成功例を完全に真似たからです。

 

僕は常々、ビジネスは後発組の方が有利
と言っています。

 

なぜなら先人の成功例を真似できるからです。

 

特に情報発信ビジネスは
成功例がネット上にあるので、カンニングし放題なわけで。

 

僕も完全に後発組ですが、上手くいったのは
成功例を徹底的に真似たからです。

 

ブログ、メルマガ、商品構成など
1から作ったものはなく
全て上手くいっている人を真似ただけです。

 

もちろん、完コピはダメです。

 

上手くいっている人のブログ、ステップメールなどの
メディアを分解して、裏側の戦略部分まで
理解した上で、真似をしています。

 

裏側部分の戦略を理解するために
実際にモデリングする人の教材を買ったこともあります。

 

そのおかげで今では、僕が作ったブログ、メルマガから
熱狂的なファンを生み出し、
自動で高単価商品が売れるようになりました。

 

と、このように真似するだけで
ある程度の結果はでます。

 

そうはいっても真似する人は少ないです。

 

でもあのライザップも真似しかしてないと知れば、
真似の重要さがわかると思います。

 

後発組の利点を活かして
先人の成功例を真似することで最短で成功できます。

 

本質を辿っていけば
情報発信ビジネスもリアルビジネスも同じです。

 

なぜなら顧客を集めて、商品を販売して
利益を出すのことは変わらないですから。

 

だからリアルビジネスも自分の知識次第で
いくらでもパクり放題ってことです。

 

ということで、
もう少し深堀りしてライザップのビジネス戦略について
解説していきますね。

 

ライザップは全てパクリでできている

 

ライザップのサービスは筋トレと食事制限という、
いたってシンプルなダイエット手法です。

 

ちなみにLIVITOという名古屋にあるパーソナルジムの
お客さんの1人がLIVITOのダイエット法を
そのままパクって始めたのがライザップなんですね。

 

だから、ライザップのサービス自体は、
斬新なものではなく
単純に同業をパクっただけのもの。

 

ちなみにLIVITOはマネーの虎で有名な南原社長が
立ち上げて、社長自らが実験台となって、
その肉体改造の美しさが反響を呼び、
お客様にものすごい満足度をあげたパーソナルジムでした。

 

つまりライザップは上手くいっている
一流のサービスをそのまま真似したのです。

 

これは、僕も同じで商品を作るときは、
1から作るのではなく売れている商品をリサーチして、
実際に購入してみて加工して、オリジナル商品として販売しています。

 

しかし、同じサービスを提供しているのに
なぜLIVITOよりもライザップは一気に流行ったのか?

 

それは自社のサービスを
CMを使って大々的に広めたからです。

 

LIVITOは、ライザップと違いTVコマーシャルなどの
広告宣伝費を使っていませんでした。

 

結局、どんなに良いサービスでも
人に認知されなければいつまでたっても売れません。

 

そういった点では、ライザップはマーケティング戦略で
LIVITOと差別化して、一気にパーソナルジムを流行らせました。

 

ちなみにライザップは一流のマーケティング戦略も
パクって自社に取り入れています。

 

CMも有名人を起用して権威性を用いて
特徴的な曲で興味付けしています。

 

また有名人を使ったビフォーアフターのCMも
ひとつひとつは前からあったアイデアです。

 

それを組み合わせたのが
あの衝撃的なCMだったのです。

 

インフルエンサーマーケティングといって
ある程度の認知度のある有名人にお金を払って
実際に効果を実証してもらうことにより
よりサービスに信頼度が上がるのです。

 

実際に、赤井英和、天野ひろゆき、生島ヒロシ、
井上和香、梅沢富美男、ホリエモンetc、、、

そうそうたるメンツが実際にライザップを実践して、
痩せた実績をCMやSNSで披露しています。

この手法は、ダイエット業界だけでなく
美容業界では当たり前に行われていました。

 

例えば、青汁王子のフルーツ青汁も
積極的に今井華、東原亜希、みちょぱなど
女性インフルエンサーを起用して、

老人が飲むようなまずくてまずい青汁のイメージを
美味しくて若い女性でも飲めるイメージに変換して
販売して成功しました。

 

また、従来のダイエット業界は楽して痩せるが主流でしたが
ライザップは本気でやれば痩せるという
ポジショニングをとったのもうまくいった点です。

 

そして、サービス料金も3ヶ月30万円と
他のパーソナルジムとは違って高単価です。

 

痩せなければ全額返金という制度も
当時のダイエット業界からすれば異様でした。

 

でも、全額返金制度も他業種からすれば
当たり前なことで、ライザップは
それをダイエット業界に持ってきただけです。

 

高単価で全額返金制度を謳ったので
真剣に打ち込む人が増えて、
みるみるうちに実績者が増えていきました。

 

そこから勝手に口コミが広まり、
ライザップに入会する人が増えて
売り上げが上がっていったのです。

 

さらに売り上げ金をCMに再投下したので
規模が広まっていきました。

 

またライザップの新規顧客の獲得の流れも全て
マニュアル化されています。

 

CMや口コミで興味がある人を
体験入学と称して、ジムに来てもらって

トレーナーがヒヤリングして
そのまま契約クロージングするのが
一連の流れとして、あるそうです。

 

まとめると、ライザップが後発組でも
成功できた要因として、

一流のサービスをそのまま真似して
権威性のある有名人起用したCMで
ビフォーアフターと特徴的な音楽で認知を増やし

高単価、全額返金制度でライバルと差別化をして
実績者を増やしてリピート獲得&口コミを狙ったことです。

 

ライザップの戦略を分解すると
実は、商品、マーケティング戦略共に
一流を真似たり組み合わせだだけなんですね。

 

ちなみにライザップが流行る前までは
ダイエット業界は、すでにライバルだらけの状態でした。

 

そこを上手くマーケティング戦略を取り入れた結果
ライザップは一気に走り抜けたわけです。

 

だから後発組でも戦略次第では、いくらでも
ライバルを追い抜くことは簡単なんですね。

 

後発組でも成功できる

 

僕も情報発信を始めたときは
完全に後発組だったので飽和を気にしていました。

 

でも実際に挑戦してみて、その心配は杞憂でした。

 

もちろん情報業界はライバルが多いですが
ダイエット、美容業界に比べると圧倒的に少ないです。

 

しかも、ライバルの9割は一年で辞めていきます

 

まして自由な人生を手に入れるには
10万円を10人に売るだけで月収100万円です。

 

多くの人に商品を販売するわけではないので
顧客の取り合いもダイエット業界に比べれば
圧倒的に少ないです。

 

情報発信ビジネスは、個人の理念や経験を伝えて
ファンを獲得するビジネスです。

 

人それぞれ、生きてきた背景が違います。

 

僕には僕しかできない発信しかできないわけで
共感してファンになる人も
発信する人によって異なります。

 

僕は主に30代後半-60代男性のファンが
多いですが人によっては
20代学生や40代のワーママなどファンの層が異なります。

 

だから情報発信ビジネスは、飽和なんてないです。

 

しかも先人たちが勝手に成功例を出してくれているので
あとは、真似して自分のエッセンスを入れて、
アウトプットするだけです。

 

質の高い発信をしていれば
自ずとファンは現れるし商品も売れていきます。

 

僕は一時期、稼げない時期があったのですが
それは完全に自己流をやっていたからでした。

 

人って調子に乗ると過信して
斬新なことをやりたくなります。

 

でも結局うまくいきませんでした。

 

そこからプライドをずたずたにされて
もう失敗はしたくないと、ある起業家の一人を
徹底的に真似することにしたのです。

 

で、真似するときに一番ダメなのは
表面上を無思考で真似ることです。
または完コピすることです。

 

例えば、ライザップがLIVITOのサービスだけでなく
ジムのデザインやロゴもパクったら
それこそ著作権で訴えられてしまいます

 

ブログ、メルマガの文章の表面ではなく
裏側部分を真似するのが重要です。

 

うまくいっている人で
何も戦略を立てずに書いている人はいません。

 

成功している人は必ず戦略を意識して
ブログやメルマガを書いています。

 

僕は、その裏側部分を知るためにも
その起業家の教材を購入して
学んで、学んだことを発信していったのです。

 

気がついたら僕も、その起業家のように
高単価商品がメールだけで自動で売れるようになり
自由に生活できるようになりました。

 

だから自己投資って大事で、自己投資して教材を買えば、
裏側の戦略部分まで透き通って見えるようになります。

 

知識がつけば、うまくいってる人の裏側まで見え放題なので
それを自分のメディアで応用すれば効果抜群です。

 

でもほとんどの人が、自己投資を怠り
表面上でしか真似をしません。

 

表面上の真似は自己流と同じです。

 

それよりも裏側を理解して、
真似しないと自滅することになります。

そのためにも自己投資は重要ですね。

 

ライザップも稼いだお金をCMや
他事業に反映して売り上げを上げています。

 

ライザップ関連のプロテインバーやパンまで
コンビニで売っているし、ダイエット業界以外にも
ライザップゴルフ、ライザップ英会話など他業種にも広めています。

 

稼いだお金は私利私欲に費やさず、
再投資に費やすのが、事業の発展継続に必須です。

 

僕も稼いだからといって調子に乗らずに
学びに投資していきたいですね。

中古カメラせどり解体新書を無料で読めます

僕は土木作業員を退職後、海外に逃亡して
その後、カメラ転売に出会って独立起業しました。

現在は、独立10年 法人5期目の一人社長として活躍中。

ブログに書けない話は無料メルマガで発信しています。

無料メルマガにご登録いただいた方に、期間限定で
中古カメラせどり解体新書を無料プレゼントしています。

メルマガ限定で今だけ無料で見れます

↓↓


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。