カメラ転売「ジャンク品についての見解」

Pocket

カメラ転売において、ジャンク品を扱うことは

大きく利益を出すことに大きな比重を占めます。

 

ジャンク品というと故障している、

不良品ということで使えないものとして売られているケースが多々あります。

 

しかしながら、完全に壊れているわけではなく、

どこかに不具合があるだけでジャンクとして売られているわけです。

実際問題、全く撮影には影響がない場合もあるわけで。

 

そういったものを仕入れて、

高く売るというスキルがあれば簡単に儲けを出すことができますね。

 

さらにはヤフオク上の顧客層は、一般のカメラ好きな方以外にも外国のバイヤー、

業者さんなどいて彼らは多少のカビ、クモリならそこまで気にせず購入していきます。

 

または、自社で壊れたカメラ、レンズを直して売る業者もヤフオク上にはいるわけです。

だからこそジャンク品でもそれなりの額で売れていくのですね。

もちろん出品ページには、その不具合の箇所をしっかり記載することを忘れずに。

 

壊れているのを隠して出品したりするバイヤーさんもたまにいます。

たしかに稼げるでしょうが、クレームに繋がりますし、

それにより悪い評価をつけられて自分の出品ページからは入札が減少し、

その結果カメラ、レンズが思ったような額で売れていかないなんてこともあります。

精神衛生上、こんなことして稼いだとしても良くないし結果的に

不幸な人生になっていくでしょう。

 

下記動画からジャンク品の種類を解説していますのでご覧ください↓↓

・ジャンク品の見解「カメラ編」

 

・ジャンク品の種類「レンズ編」

 

仕入れ対象は、どこが壊れていようとも相場よりも安ければ仕入れ対象品になります。

ジャンク品はジャンク品でも、相場価格というものがあります。

オークファンで仕入れ対象のカメラレンズのジャンク品の状態の

相場値と見比べてそれよりも安ければ仕入れ対象になります。

 

オークファンで仕入れ対象のカメラレンズの

ジャンク品の状態の相場値と見比べてそれよりも安ければ仕入れ対象になります。

 

ジャンク品を極めるとジャンク品だけでも万単位の利益を出すこともざらです。

ジャンクを制すものは、カメラを制す!

参考にしていただければと思います。

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です