映画や漫画を見るだけでお金が稼げる理由

どうも、アダチです。

 

最近は、映画や漫画を読むことが多くなりました。

 

ビジネスの方は、ある程度力を抜いても
お金を稼げるようになってしまったので
余った時間は、時間が空いたら勉強がてら映画や読書をしています。

 

なぜかというと、映画や漫画は多く学べることが
詰まっているからです。

 

僕は、ブログやメルマガで情報発信をしながら
生計を立てているのですが、
いつもどうやったら面白いコンテンツが書けるかなーと
考えています。

 

面白いコンテンツを作れば、人が集まるし
自然とファンになって商品も売れます。

 

情報発信ビジネスしていく上で、面白いコンテンツを
作れるようになれば本当に容易に稼げるようになります。

 

その点映画や漫画って、とっておきの教材なんですよね。

なぜなら、映画や漫画もコンテンツだし、
多くの費用をかけていて、一流のスタッフが携わっているからです。

 

製作費用は、億単位以上かかっているので、それ以上の
興行収入を得るために本気でコンテンツを作っています。

 

だから、見る人が面白いと思ってもらうのが前提で
多くの人に見てもらうために
面白いストーリー構成を考えたたり、
時間をかけてマーケティング戦略をしています。

 

だから、映画や漫画は面白いコンテンツの作り方、見せ方が
学べる最強の教材なのです。

 

ただ昔の僕は、単純に映画や漫画を見て
面白いか面白くないか判断していませんでした。

 

なぜ面白いのか、ストーリーの構成が〜とか
まで考えるようになったのは、情報発信をしていって
色々と勉強するようになるからです。

 

勉強して、色んな知識を入れると
世の中の全てが勉強材料になるので生きているだけでも
気づきが多くあるので、人生が一段階面白くなります。

 

漫画や映画って、だいたい同じような共通点があります。

子供の時見た、ドラゴンゴール、ワンピースや今流行っている鬼滅の刃、
進撃の巨人に共通しているのが、主人公が弱い立場から力をつけて強い敵を
倒していくことです。

 

人間って、弱いものが強くなっていく様や頑張って前向きに挑んでいく様に
共感や熱狂を覚えます。だから、映画や漫画も同じような構成になっているのです。

 

映画は漫画非日常な体験をしたり、余韻にひたれるので
世界で共通してあえるビジネスですね。

 

日本の漫画や映画が世界で流行ったり、海外のハリウッド映画が
日本で流行るのは、製作者側が人間の心理を掴むために
戦略を組んで、ストーリーを組み立ているからです。

 

だから、日本の映画でも、韓国映画でも各国共通で面白い映画は
どの世界でも流行る傾向があります。

 

なぜなら人間の心理は全世界共通だから。

 

だから僕のブログやメルマガも来てくれた人の心を掴むために
細部までこだわってストーリーを構成して作り込んでいます。

 

ただ、今日あったことを言ってるだけのブログを書いていても誰も
人は見ません。有名な芸能人ならありえますが、僕は有名人ではないので
しっかり作り込む必要があります。

 

例えば、誰も知られていない人が

「今日はこんなラーメンを食べました!!美味しかった!!」

「バーベキュウーに行ってきたー!!」

と発信しても、一銭にもなりません。まあ普通にSNSを楽しんでいるなら問題ないですが
僕は、ビジネスとして情報発信しているので工夫する必要があります。

 

だから、僕は自分の立ち位置を理解して、カメラ転売の専門家として
初めは発信して、そこからコンテンツビジネスもやってますよー。

というように自分プラス専門家と名乗って情報発信しているのです。

 

すると、僕自身には興味はなくても
「カメラ転売」「情報発信」に興味ある人、
もっと広く見ると副業、お金儲け、ビジネスに興味ある人が
僕のことを知ってアクセスしてくれるのです。

 

そこから僕のメディアを見て、面白いなーって
思ってもらうためにも、ブログ等のメディアを作り込んでいます。

 

そのために映画や漫画はいい勉強材料だと思って
みてるんですね。

 

とにかく面白いコンテンツを作るには、面白いコンテンツに
触れることが必須です。

 

映画や漫画を見て、分析するだけでもコンテンツ力があがります。

 

さらに他人のブログやメルマガを見て、

こうした方がもっと面白くなるのに、ここが足りないから
この人のブログは面白くないんだー

と分析するとさらにコンテンツ力が上がるのでおすすめです。

 

世の中は、多くの人が発信をしていますが
ほとんどが埋もれてしまっています。

なぜならつまらない発信しかしていないから。

 

アクセス集めのため、グーグルの検索順位が上がるように
SEOを意識した記事ばかり上がっていて

「おすすめのツール16選」とか
「おすすめの英会話スクールランキング2021年」とか

そんなんばっかなんですよね。

 

おすすめ16選とか結局、何を選べばいいのって話だし、
本当に体験しておすすめしているのかも怪しい。

 

サイトに来た人を迷わせるのは最悪です。

すぐに人が離れていくでしょう。

 

だからこそ、本当に役に立つ、面白いコンテンツを作れる人が
重宝されるんですね。

面白いコンテンツを作って、ファンを増やせば
2重にも3重にも収益化が見込めます。

 

僕は、とにかくメディアを作ったらメルマガをやるべしと言ってるんですが
メルマガでファンになってくれた人に対して商品を販売します。

 

また新しい商品を販売すれば熱狂的なファンはリピートして
買ってくれるわけです。

 

やっぱ最終的にはそこを目指すべきで、
儲かってる企業、安定している起業は
顧客リストをとって、リピーター化しています。

 

これは映画や漫画も同じようなものです。

 

映画は、DVDやグッズ販売も収益源があります。

漫画も同じくです。

 

映画や漫画を見た人で、面白いとファンになった人は
もれなくDVDやグッズを買う人もいます。

映画を見終わったあとにグッズ売り場があって、
買う人がいるのはそのせいです。

要は、映画というコンテンツを発信して、面白いといってもらって
さらにDVDやグッズが売れれば、
一人の顧客から多くの金額を得られることができます。

 

さらに映画や漫画はコピーするだけで、全国または世界各国で
上映することができます。

 

そこで、さらにファンが増えれば、グッズやDVDも売れるわけです。

ファンは口コミで勝手に広めてくれるので、
2重3重にも収益が増えていく構造になりますね。

 

そのために全ては面白いコンテンツを作ることです。

面白いコンテンツを作れば、いくらでも収益化ができるし
集客もできます。

 

結果的に、製作費以上のお金を収益化できれば
成功なので、だからこそ、一流の俳優、監督、マーケター、脚本家を集めて
億以上の費用をかけて製作するわけです。

 

情報発信ビジネスも考え方が同じで、

面白い、役に立つコンテンツ(ブログ、メルマガ、you tube)を作る

ファンになってもらう

メルマガでファンになってくれた人に商品を販売

ファンに商品に満足してもらってリピーターを増やす

この繰り返しです。

だからこそ、面白い発信すること、満足度の高い商品を作るのは
必須になります。

 

トータルでいうと「コンテンツ」の質の高さが
収益に比例するということですね。

 

だからこそ、一流のコンテンツに触れて
勉強することで、自分のメディアに何か活かせないかなーと
いつも考えているわけです。

 

面白いって、抽象的ですが
なぜ面白いのか、なぜ流行っているのか分析する力がつくと
勝手に自分も面白いコンテンツが作れるようになるので
世の中にあるコンテンツを分析する癖を付けてみてください。

 

レビューコンテンツ

 

たまにブログで何を書いていいのか分からないという
悩みをいただきますが映画や漫画を見て、
レビューするだけでも十分コンテンツになります。

 

なぜなら、人は映画や漫画を読んだら、他人のレビュー、感想が
気になる性質があります。つまり他人の評価が気になるのです。

 

感想やレビューを見て、共感すると
人は嬉しくなる性質があります。

これは映画や漫画だけでなく、歌やスポーツなどでも同じです。

 

僕は、阪神ファンですが阪神が勝ったら
速攻でYou tubeでハイライトを見に行って

Youn tubeのコメント欄やツイッターで
皆が発信しているのを見て一人ニヤニヤしています。

 

歌手も同じで乃木坂の新曲が出たら、速攻で
MVをチェックして皆んな何を思っているのか
SNS等でチェックします。

 

皆、自分が見たものって共有したいんですよね〜。

 

だから映画や漫画のレビューをするだけでも
アクセスを集めることができます。

 

そこからアドセンスとして広告収入を得ることも可能です。

または、ブログに来てくれた人に対して
メルマガに登録してもらって、メルマガ内で商品を
売って収益化することも可能です。

 

ちなみにレビューのポイントは、自分の視点を持って
書くことです。

 

映画の内容をただただ語っていては、ただのアクセス稼ぎだけの
ブログで終わってしまいます。

もちろん、それでもアドセンス収入は得ることができます。

ただ、それではせっかく来てくれた人を逃すことになります。

 

自分の視点を持って、書くことでブログに来てくれた方に
「この人はどんな人なんだろう」と思ってもらって
記事を循環してもらって、メルマガに登録してもらうまでがセットです。

 

いわゆる、ファン化を目指すことですね。

映画のように面白いコンテンツを作れば
商品も売れます。

 

映画や漫画を読んでレビューするだけでお金が
稼げるようになるのです。
 
家にいながら映画や漫画を読むだけでお金を稼ぐことができる。
 

いやーいい時代になったなあと37歳の僕は思うのです。

それでは。

カメラ転売解体新書と土木作業員のストーリーの電子書籍を無料で見れます。

僕は一人社長として
カメラ転売と情報発信で生計を立てています。一応、独立して10年、法人化して4年になります。

こうやって書くと、僕にはもともと才能があったとか、
運がよかったとか言われますが、
もともとは人見知りで友達は少なく、凡人以下の人間でした。

最終職歴も、手取り14万円の土木作業員でしたから。

土木作業員時代は、夢も希望もなく、
魚の死んだような目をして毎日生きていましたが

勇気を出してビジネスを始めると、
短期間で人生が180度好転したのです。

しかも、知識も人脈もない状態でビジネスに取り組んだ結果
人生逆転することができました。

そこで、僕がどのようにして、会社に
雇われず豊かに生きれるようになったのか?
をまとめた電子書籍を出版しました。

購読いただいた方からは、
「やるべきことが明確になった」
「ビジネスの仕組みが理解できるようになった」
など多くのお褒めの感想をいただいています。

さらにカメラ転売を学べる「解体新書」
を無料でお渡しします。これを見るだけでもカメラ転売が実践できる内容になっています。

メルマガ限定で今だけ無料で見れます。

電子書籍は、誰でもわかりやすくストーリー形式で
執筆したので、ぜひ一度読んでみてください。下記をクリック↓↓

 

 

 


僕の経歴はこちらをご覧ください↓↓

 

 

 

お読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です