いまさら前澤社長の「宇宙から全員お金贈り」の裏側を分析してみた

アダチです。

やっと受け取れました。なにがって??これです、これ↓

 

ZOZOの前澤さんが1年前くらいに宇宙に行ったときの
『 #宇宙から全員お金贈り 』企画のハズレの500円です。

 

なぜ僕が500円ごときに申し込んだのかというと
企画の裏側の戦略を知りたかったからです。

 

この企画は、前澤さんが宇宙に行った際に
ハズレなしで全員にお金を配るというもので
最大当選100万円を上げるということで
一気に大衆に広まり盛り上がりました。

 

大衆の多くは、さすが前澤さん金持ってるなー
やっぱ金持ちが違うなーと思ってたでしょうが、
僕は当初から必ず何か狙いがあると思っていました。

 

実際に、企画に申し込んでみると
入念な仕掛けが仕組まれていたのです。

 

まず単純にお金が配られるかと思いきや
kifutownというアプリを通して
電子マネーとしてお金が配られたのです。

 

ちなみにこのkifutownは
前澤さんが立ち上げに関わった寄付プラットフォームです。

 

「個人間で簡単に寄付」できるアプリらしいですね。

 

2020年の4月に電子マネーとしての機能が果たされましたが
vasa加盟店のみでしか使えなかったり、
チャージしようとすると新たにカードを契約する必要があったりと、
まだ本来の機能として果たせてないプラットフォームです。

 

だから、企画に申し込んでお金が振り込まれたものの
ずっと使えなかったんですよね。

 

また、企画に申し込むためにLINEに登録したり
アプリをスマホに入れたり、面倒なことばかりで
それで500円かよ..と思ったのは、僕だけじゃないでしょう。

 

ほとんどの人がお金配りに飛びついたにも
関わらず、面倒な手続きに辟易としたと思います。

 

それでやっと500円ですからね。

 

しかも、数ヶ月経ってもお金を下せない現実に
これは慈善事業じゃないよねと思ったりも。

 

前澤さんは、お金を配るというのは表面的で
戦略的にはkifutownを広めるためで、
今回の宇宙旅行を利用して、
お金配りと称して集客したまでなんです。

 

つまり自分が広告塔となってkifutownを
集客する目的があったのです。

 

やってることは、お金配りを広告費として
kifutownを広めているのです。

 

認知度を上げるために
お金を配ることを「広告費」と捉えて
集客するのは実は昔からある戦略です。

 

例えば、楽天カードを広めるために
CMでカードを作るだけで7000ポイントを
還元しますよーと大々的に言って、
一気に楽天カードの新規顧客を増やしました。

 

paypayも広めるために一時期は還元セールと称して、
登録した人に対してpaypayを還元したり
100億円キャッシュバックキャンペーンと称して、
paypayを一気に広めました。

 

前澤さんは、これを全て個人で
やっているので凄いなと思いますね。

 

宇宙旅行で莫大なアクセスを集める→
集まったところでお金配り企画でkifutownに登録を促す→
kifutownの認知度アップ→kifutownの信頼度が上がる

 

こんな感じ。

 

しかも、前澤さん=ZOZOというイメージがあるので
ZOZOの売り上げにも貢献します。

 

ちなみに以前、前澤さんはTwitterで1億円お金配り企画と称して
100人にそれぞれ100万円ずつ(総額1億円)のお年玉をプレゼントする
企画を開催したこともあります。

 

お金配りの条件として
前澤さんのTwitterをフォロー、リツイートするのが条件で
一気にフォロワーを増やしました。

 

ピーク時は600万フォローまで上がりました。

 

それが話題になって、
テレビやネットニュースにも取り上げられ、
一時期は日本中が前澤さんに注目していたのです。

 

これだけ注目されたら
ZOZOの商品が売れるのも当然です。

 

その時もZOZOの売り上げが一気に伸びて
売り上げが通常の倍以上の5億円以上の
経済効果があったとのことです。

 

つまり前澤さんは1億円のお金配りを広告費として
注目度を集めて、ZOZOの売り上げを広告対比tとして
5倍以上も増やしたのです。

 

広告費用としては、ものすごい効果ですよね。

 

このように単純にお金配りをしているから
お金持ちなんだなーと眺めるのではなく
「なぜお金配りをしているのか?」とマーケター視点で
物事を見つめると、裏側の戦略が見えてきます。

 
 

ちなみに、今回の前澤さんのマーケティング戦略は
個人ビジネスに取り入れることもできます

 

もちろん、市場規模は前澤社長とは
比べ物にならないほど小さなものですが。

 

それでも個人が自由な人生を
手に入れるくらいなら可能です。

 

Twitterで無料コンテンツを配って
メルマガ、LINEのリストを獲得するのが
流行っていますが、本質は前澤さんの企画と同じです。

 

価値を感じてもらえばいいので
無料のコンテンツでも有益な内容なら
フォロワーも増えますし、口コミで一気に広まります。

 

また無料のコンテンツで一気にファンになってもらえれば
その後に商品を販売すれば高い確率で売れます。

 

僕はTwitterで大々的に集客はしていませんが
無料プレゼント企画をやっている人の
導線を研究したりしていました。

 

流れとしては、

無料プレゼント企画と称してフォロー、リツイートしてもらって
認知度を深める→LINE登録促す→Lステップ発動→教育コンテンツが流れる
→商品セールス→商品購入者に対してアップセル

という感じです。

 

それで年収2000万円以上稼いでる人もいるので
破壊力ありますよね。

 

こんな感じで今は資金がなくてもできるので
これからはWebマーケティングを使いこなせた人間が
これからの時代は勝つんだなとひしひしと感じます。

 
 
昔は資金力の差で優越が決まっていたけど
SNSの使い方次第で個人でも勝てる時代です。
 
 
 
いい時代ですよね。
 
 
 
 
だからただ世の中のニュースを無思考で眺めているのではなく
裏側を見て、マーケター視点で見るのが大事です。

 

常になぜ?と思考を張り巡らしながら
世の中を俯瞰して見る癖をつけることです。

 

ちなみに世の中で流行っているものは
必ずマーケティングが仕掛けられています。

 

近年流行のタピオカドリンクも、きなこもちドリンクも
フルーツ大福も必ず狙って仕掛けられています。

仮想通貨も同じくです。

 

例えば、多くの億り人が排出された仮想通貨ブームですが
一時期は、メディアをみるとビットコインの話題が
付きませんでした。

 

CMでもタレントの出川さんを起用して、
ビットコインを一気に広めました。

 

それだけ大衆に広まれば、ビットコインの価値が上がります。

 

そこでビットコインを売り抜けた人は
億り人となったのです。

 

しかし、メディアに広まるころに
ビットコインを買うのはすでに遅く、
思ったように価値が上がらなくて、
借金を背負う人もでてきたのです。

 

このように常に裏側戦略を見る癖ができれば
メディアに乗せられて、間違った方向にもいかなくて済みます

 

僕は職業病なのか、何をみても
裏側の戦略を見るようになりました。

 

マーケター視点で見れば、自分のメディアにも
応用ができるので収益アップにも貢献します。

 

僕のメディアも普段の生活の中で学んだことを
応用して作っているものばかりです。

 

マーケティング力を高めてスキルが付けば、
このようにニュースでも学び放題ですよ。

 

そのためにも普段から学ぶこと、
スキル向上に対して自己投資するのが重要ですね。

 

PS:前澤さんの直近のツイートをみるとkifutaownのことばかり
ツイートしていました。

 

今度は、第二弾「深海から全員お金贈り」企画と称して
やはりkifutown経由のお金配りイベントですね。

 

今後の動きを注力していこうと思います。

中古カメラせどり解体新書を無料で読めます

僕は土木作業員を退職後、海外に逃亡して
その後、カメラ転売に出会って独立起業しました。

現在は、独立10年 法人5期目の一人社長として活躍中。

ブログに書けない話は無料メルマガで発信しています。

無料メルマガにご登録いただいた方に、期間限定で
中古カメラせどり解体新書を無料プレゼントしています。

メルマガ限定で今だけ無料で見れます

↓↓


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。